当然のことながら、あかねがいなくなってからは家に帰っても晩ご飯の用意はされていません。

外で食べて帰るか、自炊するかの二者択一になるのですが、帰りの時間がそこそこ早ければ極力自炊するようにしています。
やはり外食よりも安くつくということもありますが、それとは別に理由があります。

僕はこの5ヵ月近く豚肉・牛肉の類を口にしていません。

それは、あかねの病状がいよいよ切羽詰ってきた頃、僕なりにあかねの力になりたくて、癌の食事療法について書かれた本を読んだことがきっかけです。
実際に、癌患者に効用のある食事を作り、あかねに食べさせてやろうと思い立ったわけです。
→関連の過去記事はコチラ


その本には動物性たんぱく・脂質を厳しく制限することが説かれていました。
詳しいことは割愛しますが、四足歩行動物の脂質やたんぱく質の摂り過ぎは癌を引き起こす原因となりうるそうです。
その本に掲載されていたレシピ例には一切豚肉・牛肉は出てきません。

あかねに食べさせるべく、その本を頼りに料理の練習をして実際に食べていた僕は、豚肉・牛肉に、大げさに言えば憎悪的な感覚さえ抱くようになっていったのだと思います。

つまり、「おまえらは(豚肉・牛肉のこと)あかねを苦しませている原因のひとつだ」、とみなしてしまったのです。

(僕の住んでいる近隣で、外食だとファミレスや牛丼屋くらいしかなく、肉類が混入されていないメニューが極端に限られているので、食べられるものがほとんどありません。結果自ら食事を作らざるを得なくなったのです。)

結局あかねには一口も僕が作った食事を食べさせることは出来ませんでしたが、その時の自炊の習慣だけは定着し、今でも極力台所に立っています。
そしてその材料には一切豚肉・牛肉は使いません。
たんぱく質は大豆たんぱくとか、魚とか、鶏肉の胸肉・ささみに限定しています。

食事療法の本には、そのほか塩分の制限や料理に使用する油類の制限、反対にすすんで摂りたい食材(野菜・果物・玄米など)について多岐に説明されていましたが、いちおう今現在は健康体である僕にはそこまで細かく神経を尖らせることはないと思います。

でも、豚肉・牛肉だけはやはり口にしようとは思えません。
それは自分の健康を気にしてのことではありません。
そもそも、(怒られるかもしれませんが)長生きしたいという気持ちは今年の4月19日に一切消え失せました。

それでもこだわってしまうのは、やはりそれらの食材があかねの病気を引き起こした一因となっているのではないかとの固定観念にとらわれてしまっているからです。

いつかこの“禁”を解く日が来るかもしれませんが、当分その日は来ないような気がします。


今日は早く退社できたので、三日ほど振りに自炊しました。

しめじとえりんぎとじゃがいも、えだまめを具にしたキッシュと、ささみとブロッコリーのからしマヨネーズ和え、さつま芋の塩茹で(←茹でるだけで簡単でおいしいので何度も食卓にあがります。さつま芋はちょっと高いけど・・・)が今日の献立でした。

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
この2ヶ月あまりで、僕には新しい生活習慣がいくつか増えました。

これまであかねがこなしてくれていた炊事、洗濯、掃除といった日々の生活に密着したルーティンはもちろんですが、それ以外にも僕が毎日実行している「儀式」があります。

このカテゴリではそんな新しい生活習慣を書き留めていこうと思います。

僕は2011年4月19日以来、ずっと左手の「小指」にリングをはめるようになりました。
それは、あかねが生前ずっと「薬指」にはめていたリングです。

結婚指輪ではありません。
実は結婚指輪というものを僕は彼女に贈っていません。
そういったセレモニー的なことにかなり疎い僕は、「別にいいんじゃない?」くらいの軽い気持ちで婚前のいち儀式をパスしていました。
あかねは結婚前多少の食い下がりを見せたものの、特に尾を引くことなくこの「儀式のパス1」は容認されたようでした。

ただ、結婚が現実味を帯びてくる以前に、あかねの誕生日がきっかけだったかどうだったかも憶えていませんが、指輪を買って贈ったことがあります。

その頃僕ら二人は、新幹線と電車で2時間以上、車だと3時間程度離れた所で生活しており、毎日彼女に会って確認していたわけではないのですが、指輪を受け取った彼女はどうやらその日以来ずっと自分の薬指にその指輪をはめてくれていたようです。

宝石があしらわれたような高価なリングではありません。
彼女の誕生石の指輪を結婚後プレゼントしたこともあります。
でも、いつも彼女の左手の薬指に収まっていたのはその結婚前に贈った鈍い銀色のリングでした。
シンプルな指輪で普段から着けやすかったのでしょうか?

あかねは闘病中も、手術や放射線治療の時以外はずっと指にはめてくれていたようです。

彼女の闘病メモにこんな文章がありました。
手術直前の記述です。

“結婚前にせいじくんにもらった指輪はあたしにとって彼の分身とも言えるもなので、コレがないとめっちゃおどおどしてしまうんです。なのにつけてはいけないなんてぇーーーー。”

分身は大げさだろ?
でも、今は僕にとってこの指輪が「あかねの分身」となっています。

あかねの容態がかなり悪くなった頃、身体のいたるところに「むくみ」がみられ指輪が外せなくなることが心配になり、義父・義母と相談してモルヒネの影響で意識がないあかねの薬指から指輪を外すことにしました。
その時すでに「スッと」抜ける状態ではなく、せっけん水を使い指から外しました。
あかねの母親がその作業をおこない、僕はその指輪を受け取りました。

その日以来、その指輪の指定席はあかねの薬指ではなく、僕の小指になりました。

おそらくあかねが結婚以来最も長い時間身に着けていたであろうものは、このリングだと思います。
あかねの体温や皮膚の感触をいちばん溜め込んでいるこのリングとともに、僕は一日一日を重ねています。

ある日、一日だけ、指輪をはめ忘れて家を出てしまったことがありました。
会社に向かう途中でそれに気づきましたが、時間的に引き戻すわけにもいかず、

「あかね、すまん。うちにおいてけぼりにしてしまった。」

と胸の内であかねに謝りながら、車をそのまま会社へ走らせました。

この時なんとなく感じ取ることが出来たような気がします。
手術に指輪を外していかなければならなかったときのあかねの気持ちが。

この指輪をしていれば、「今、一緒にいる」という安心感を抱いてしまうことは、きっと思い込みなのでしょう。
自分でも「思い込み」として自分の気持ちのあり様を冷静に見つめてしまうことがあります。
でも指輪を自宅に忘れてしまった時など長時間外してしまっている場合は、気持ちの切実さが一気に上昇します。

今、俺は独り。

一緒にいれば、それほど切迫したことでなくても、離れてしまうと心がキリキリしてしまう。
あかねの「不在」によって、僕はいやがうえでも彼女のことのより深く想う日々を送ることになりました。
本当は、彼女が僕のそばにいる時にこのくらい深く彼女のことを思いやってやれば良かったのに・・・。
KC380004_resize.jpg

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR