あかねの誕生日

Category : 吐息とも吐かないつぶやき

今日は、あかねの46回目の誕生日。

ケーキと花を買ってお墓にいきました。

花を挿し替えて、ろうそくに火を灯し、線香をあげて、
ケーキも墓前に手向けました。


あかねは、特に放射線治療を受けている時期からどんどん食が細くなっていきました。
果物を口にするのがやっとという日がほとんどで、必要な栄養は点滴で補っていました。

元気になったら、あれやこれや食べたいものがきっとたくさんあったと思います。
でもあかねのその望みは、結局この世では叶うことがありませんでした。


あかねは今ごろ、天国でおいしいものを食べて満足しているだろうか?

好きなものをたくさん食えよ。

何も食べられなかったころのあかねを見るのはつらかった。
だから今度逢うときには、バクバク食ってふっくらしたあかねを見たい。

生前、ジーンズのボタンを留めるのに苦労しているあかねを、
「毎晩腹筋しろ!腹筋!」
とたしなめたこともあります。

でもあかね、もうそんなことは気にすんな。


思いっきり食べて、お腹をパンパンに膨らませているあかねに逢えたら、僕はほんとうに泣けるくらい嬉しいと思うはずです。

20120226_1.jpg



にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

コメント:

No title

あかねさん!御誕生日おめでとうございます!!ケーキパクパクと食べてくたでしょうね(^.^)

なんか・・ほんと泣けてきます。(ごめんなさい)

一年前は・・って振り返ってしまいますよね。

なんで私達はこんなに若くして、こんなに大事な大事な人と離れなければならなくなったのでしょう。世の中には、憎悪いっぱいで暮らす夫婦が沢山いるのに、よりによってこんなに平和で仲良く暮らしていた私達に、なんでこんな試練を与えたのでしょう。そんな事・・・考えても切りのない、応えのない・・。
遠い場所で暮らす、夫やあかねさんが今現在どんな暮らしでどんな気持ちで私達を眺めているんでしょうね。


Re: No title

serenaさん

コメントありがとうございます。

あんな小さいケーキひとつではあかねも物足りないだろう、と思ったので、
墓参りから帰る途中、もう一個ケーキを買ってうちの仏壇に供えました。

serenaさんが言われるとおり、僕も僕達夫婦に降りかかった現実に憤りを感じずにはいられません。

なぜ、あかねがあんな目にあわなければならなかったのか?
きっと、誰も僕を納得させてくれることはないと思います。

だから、僕はどうしてもあかねが今いるところにいつかはたどり着きたい。
あかねと積み重ねるはずだった残りの人生をまっとうしたい。

それが途方もなるほど先のことだとしても、

「必ずあかねと逢ってやり直せる」

そう信じ込まなければ、とてもこの先の人生やりきれません。

あかねも、serenaさんのだんなさんも、きっと僕達を見てくれていると思います。

だから僕は、
あかねをがっかりさせないように、
あかねが生前と変わらない気持ちを僕に抱いてくれているように、
僕があかねのいるところにたどり着けたとき、あかねが両手をひろげて迎えてくれるように、

そんな風に生きていかないと・・・そう思っています。

はじめまして

うらんと申します。
あかねさん、奥さま、、絵がお上手な方ですね。
今日はじめてブログを見させていただきましたけども、
どの記事も、目の前のあかねさんに語りかけていらっしゃる、
むらさきさんの、奥さまへの愛情がストレートに伝わってきます。

美味しそうなケーキ、
あちらの世界にいっても、お供えした食べ物の気を吸う事で
味わえるそうですよ。

このブログのテンプレートの画像が、駅のホームにかかる虹なのかな・・?いい感じですね。
自己セラピーという言葉、、なるほど、そうなのかな、自分も同じかなとふと思いました。

Re: はじめまして

うらんさん

コメントありがとうございます。


僕が望むことはふたつです。

ひとつは、あかねが今、穏やかに、安らかに時を過ごしていてほしいということ。
もうひとつは、いつの日か必ずあかねにもう一度逢わせてほしいということ。

だから、あの手この手で、あかねの天国での暮らしが潤うようにしたいと思います。
誕生日にはケーキも手向けるし、寒かったら熱いコーヒーや紅茶を淹れて供えます。
そして、ゆくゆくは天国に逝くことを許されるように(神様の目を気にしながら)生きています。


気持ちのギアが少々ローな日が続いておりまして、ブログの更新ができてません。
でも、細ーく長ーく続けていきたいと思っておりますので、よろしかったらまたお立ち寄りください。

僕も、うらんさんのブログ、拝見させていただきます。

※タイトルバックの写真は使用したテンプレートそのまんまです。
自分で撮った写真と替えようかな・・・とも思いますが、なかなかこんないいイメージの写真が撮れずにいます。

「夜が朝にかわるまで、雨が虹にかわるまで、風が光にかわるまで・・・ 」

僕が好きな日本の詩人の詩の一節です。
非公開コメント

お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR