スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

あかねが暮らしていた町_2

Category : 旅ログ

今月の23日に出発した四国への旅は、最終的に3泊4日となり、26日の夜帰ってきました。
今回の旅の記録は、少しずつブログに上げていきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あかねが10代前半まで暮らした町には、初日に訪れました。

本州から瀬戸大橋経由で四国に渡り、高速を降りた後、国道を延々南に向かって車を走らせてようやく着いた町は、車で走れば、端から端までものの10分で通り過ぎてしまうようなこじんまりとした町でした。

みかんの生産と漁業が盛んな町とのことで、山の斜面にオレンジ色の実をつけた木が一面に植えられていて、港にも漁船らしきボートが何艘も停泊していました。

うっかりみかんの写真をとるのを忘れていましたが、港の風景は何枚か写真に収めました。

20120123_7.jpg

おそらくは海に囲まれたこの国の、いたるところにあるような町のひとつなんだろうな・・・。

などと思いにふけりながら、まずはあかねが暮らしていた家を見に行くべく、車をスタートさせました。


あかねとその両親が住んでいた家は、見つけるまで苦労しましたが、地元の人に尋ねて何とか見ることが出来ました。

その後、あかねが通っていた小学校と中学校も見に行きました。


20120123_6.jpg
(↑あかねが卒業した小学校。写真はちょっと加工させてもらいました。)


まだ子供だったあかねがランドセルを背負ってとことこ歩いている姿や、町の目抜き通りを自転車で走る姿を想像したりしてみました。

行く先々で、あかねの小さな遺影を取り出してあかねにその風景を見せてやりました。

あかね、懐かしいか?

そういえば、あかねの今の実家までわざわざ手を合わせに来てくれた小学校の先生はまだここの小学校にいるのかな?
お義母さんに聞いてくればよかった。


今から30年ほど前まで、四国の西の端っこの小さな小さなこの町であかねは暮らしていました。

その頃僕が住んでいたところからは、遥か遠いところであかねは日々を過ごしていました。

そう考えると、僕があかねに会うことができ、結婚まですることが出来たのは、なんて偶然なんだろう・・・
と思います。

そしていまあらためて、僕たちを引き合わせてくれた偶然に、僕は感謝します。

20120123_3.jpg
(あかねの通った小学校の近くからのぞむ海の景色)


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

コメント:

非公開コメント

お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。