スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

あかねが暮らしていた町_1

Category : 旅ログ

会社を退職する前から、ひそかに行ってみたい場所がありました。

あかねは中学生の途中まで、親の仕事の関係で四国の小さな海沿いの町に住んでいました。

僕たちが出会った時にはすでに四国を離れ、今僕が住んでいる街で生活していたので、僕は話でしか四国での生活のことを聞いたことがありませでした。

“むちゃくちゃみかんが採れるところ”という以外に観光資源の乏しいところらしく、あかねの生前にも行ってみたいと思うことはありませんでした。

でもあかねがいなくなってから、僕は、あかねが歩いた人生の僕の知らない空白部分を少しでも知りたいと思うようになっていました。

「観光でもなく、おそらくはこの先仕事でも行く可能性がまったくない」土地へ行くなら・・・

今しかない!

と、いうことで、退職後の社会保険関係の手続きも一段落したこのタイミングで出発することにしました。


そして今日1月23日、あかねが10代の前半を過ごした町をこの目で見ました。

こういっちゃ何ですが、本当に鄙びた港町でした。

事前に宿泊予約をしようと「○ゃらん」のサイトで検索しましたが、どうも町の中に宿泊できるところも見当たらず、今夜は隣町のホテルに泊まり、その部屋でこのブログを書いています。


今日は朝の出発が早く、さすがに疲れたので、詳しくは次回以降のブログで書き記したいと思います。


今日一日、ずっとあかねを車の助手席に乗せて、あかねが住んでいたところ(住まいの住所をあかねの両親からあらかじめリサーチしていました)や、あかねが通った小学校、中学校を一緒に見て回りました。

なんだか、本当に二人で旅行している気がちょっとだけしました。

20120123_1.jpg
↑助手席のあかね。


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

コメント:

はじめまして。

共感することが多かったので、コメントさせていただきます。

私も43才、一昨年に妻を亡くしました。同じく癌でした。

亡くした直後は同じように色々と考え、寂しくしていました。今も変わらないけど、大分、普通の生活に戻っています。

ただ、これからの人生も長いので、妻のぶんも楽しく、日々笑えるようにしていきたいと思っています。

少しずつ、時間をかけてお互いに頑張りましょうね。

Re: タイトルなし

わんわんさん

コメントありがとうございます。

同じ年齢の方からコメントいただくと、かなり強いシンパシーを感じてしまいます。
確かに僕たちにはこれから先、気が遠くなるほど「長い人生」が残っています。

その時間をどうやりくりしよう?

そう考えると正直途方に暮れてしまいます。

残りの人生が、
「あっ」というまに過ぎ去ってしまったと思えるほど
「生を燃せる」人生になるように・・・。

僕も僕なりに頑張りたいと思います。

お声がけありがとうございました。
非公開コメント

お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。