スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

月命日(8箇月目)

Category : 吐息とも吐かないつぶやき

ようやく仕事が山を越えたようです。
今日は2週間ぶりの休日です。
なんとかPCを立ち上げることができました。


1週間前の日曜日は12月18日。
一日早いのですが、仕事が沸騰している最中あかねの両親と月命日の墓参りへと行ってきました。

あかねの両親は毎月律儀に19日での墓参りを欠かしていませんでしたが、お義父さんが腰を悪くしてからは車の運転に不安があるため、先月に引き続き僕の休日と合わせて18日の墓参りとなりました。
(実際は墓参りを午前中に済ませた僕は、午後から会社に行って仕事をしたのですが・・・。)

あかねの墓石は山の斜面を切り開いた墓地の中にあり、それも斜面のかなり上の方に位置しています。
墓地のいちばん下からだとかなりの急勾配を歩く必要があります。

僕の年齢(43歳)だと少し息が弾む程度なのですが、70を迎えるあかねの両親にとってはかなり険しい道のりに違いありません。
その上、お義父さんは腰を痛めているし、お義母さんは腎臓の持病を抱えています。
実際、今回の墓参りでも急坂を登りきるのにかなりの時間を要しました。

年を経るごとに、彼らにとってあかねの墓参りは体力的に負担の大きい作業になっていくでしょう。
でも、彼らが月に一度あかねに逢いに行く習慣を途絶えさせることはないでしょう。

僕は二人の月に一度の墓参りを支えていくつもりです。
僕が歳をとって急坂を登るのに苦労するようになるのは、まだまだ何十年も先のことです。
それまでは、二人が望む限りあかねの墓参りに付き添います。
そして僕にとってそれはとてもたやすいことです。
僕も月命日の墓参りを死ぬまで続けるからです。


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

コメント:

No title

むらさきさん、こんばんは~。
むらさきさんの御義両親は幸せですね!すごく感謝されていると想います。むらさきさんもまだまだ辛い時なのに、そうやって義両親さんを気遣い優しく接せられる、奥様もとてもとても喜んでいる事でしょう!!
私は同居生活来年いっぱいでピリオドを。自立(同居解消)させてもらう事に。色々話し合い理解をしてもらいました。でも、義父には、先の話だけどここにある仏壇は私がその内引き取るし、お墓も守っていきますからって話をしたら、とても安堵した様子の義父でした。夫が居たら出る事は考えず、夫の支えで何とか頑張れたでしょうけど・・・。自分が子供達と元気に暮らす為の選択でした。
そして、少し距離を持ち、義父と上手く付き合う為です。
夫の為にも、遠慮しながらでも笑顔で付き合っていけたらいいな~と思います。

むらさきさんのお気持ち、奥様にとっては本当に最高に有難く嬉しい事だと思います!
私は・・夫がいいよいいよもう楽な気持で暮したらいいよって言ってるんだろうと、私が起こした言動は夫が誘導してくれていると・・勝手に思い込んでいます(>_<)

Re: No title

畑さん、こんばんは。

最新の記事で「仕事の山は越えた」と書きましたが、甘かったです。
今週もその日のうちに帰れるか帰れないかの瀬戸際の2日間でした。
でも、さすがに仕事納めの今日はその日のうちに帰宅できて、PCを立ち上げました。

畑さんも色々と人生について深く思慮されているご様子が伝わってくるコメントでした。

お義父さんと適度な距離をとることはいいことだと思います。
僕は義父・義母との同居の経験はありませんが、今の距離感がとても良い感じだと思います。
近づきすぎると、相手とそりの合わないことも見えてくるかもしれません。

お互いそれなりの時間人生を積み重ねてきたもの同士だと、生活習慣や心持を100%分かち合うことはなかなかむずかしいのでは?
と思います。

お互いの気持ちがそろった時にコミュニケーションを交わすことが、いちばんうまく関係を続けていく方法かもしれません。

偉そうなことを綴りましたが、思ったことを素直に書いてみました。

明日からは年末年始の休みです。
一日中あかねのそばにいることができます。

あかねと心を通じ合わせたい。

そんな淡い夢を見ながら、できるだけあかねの遺影の前に佇みたいと思います。




No title

むらさきさん、おはよう。
(これを書いているのは、朝だからね)

このブログの存在を知り、読み始めてみました。
正直言って、スタート当初の辺りは痛々しくて、
今の僕には、読み通すことはできませんでした。

しかし、君が前を向いて歩き出していることだけは
わかりました。君に頑張れとか、元気を出してなど、
言うつもりはありません。でも歩き始めていたことが
わかり、それだけがうれしいです。

ここにコメントを残すことは、多くないかもしれない
けど、ときどき見に来るようにします。



Re: No title

通りすがりのライダーさん

コメントありがとうございます。

僕は前を向いているでしょうか?

自分では視線を少し上げられている日や、どうしてもうつむいてしまう日をめくるめくように繰り返していて、
はたして前に進んでいるのか、後退しているのか正確にはかることができません。

でも、この先も生き抜いていくなら目線を上に、前に向けなければいけないのだと思います。

僕にそれができるか?

日々の経過はこのブログに綴っていきます。
よろしければ見届けてやってください。
非公開コメント

お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。