お別れ

Category : あかねの闘病について

→前回の闘病記はコチラをご覧ください

このカテゴリの記事を最後に書いたのはずいぶん前になります。

二ヶ月以上のブランクがあります。

その理由は僕にとっては明白です。


次が最後。


と、思っていたからです。

そう思っていたとおり、このカテゴリで記事を書くのはこれが最後です。

あかねはもう半年以上も前に僕の届かないところに逝ってしまいました。
その事実を事実として受け止めることは今でもできません。

今でも、僕たちの暮らした部屋に、街中に、車の助手席に、あかねの面影を探しています。

この最後の闘病記を書ききったら、なんだかあかねとの絆をもう一回切ってしまうことになるような、
そんな気がして、なかなか踏み切ることができませんでした。

でも、
病気と闘うことで改めて思い知った、あかねの強さや優しさ、純粋さをきちんとまとめておこう、というブログ立ち上げの動機のひとつをまっとうしようと思います。




2011年4月19日に日付が変わり、
僕は、携帯電話のアラームを一時間ごとに鳴るようにセットしました。
一時間ごとにあかねの様子を確認するためです。

なぜその日そんな「備え」をしたのかは、解りません。
でも、その日から僕はずっと一時間ごとにあかねの様子を確認するつもりだったのだと思います。
それほど、あかねの様子は僕に“不安”を与えるものでした。

握っても握り返すどころか何の反応も示さない手。
一回がとても長く、そして一瞬止まったかのように思えるようなゆっくりとした呼吸。

あかねの急変に対応できるように。

そんな想いだったのだと思います。



しかし、そのアラームは何度も僕を起こすことはありませんでした。

アラームをセットしてからまもなく、看護師さんが病室を訪れあかねの心拍数が下がっていることを伝えてくれました。

それから、どのくらいあかねは頑張ってくれただろう。
もう正確なところは覚えていません。

その日も僕と一緒に泊り込んでいたお義父さんが、家で眠っているはずのお義母さんに電話をするために病室を出ました。
ややあって病室に集まってきた数人の看護師さんと医師二人、そして僕が病室であかねを見守りました。


「呼びかけてあげてください」


看護師さんのひとりが僕を促しました。

そう言われて、あかねが旅立とうとしている事実を思い知らされました。

僕は「きっと聞こえている」と信じて、あかねの名前を呼び続けました。
本当に何度も何度も。

お義父さんはタクシーで病院に向かっているお義母さんを迎えに病院の玄関に降りたまま帰ってきません。

そのことを気にした看護師さんがお義父さんのもとへ走ってくれました。

看護師さんは一人で病室に帰ってきて、

お義父さんはお義母さんを待つ。
もしも間に合わなかったとしても、せいじ(僕)にだけは必ずあかねを看取ってほしい。

とお義父さんの言葉を僕に伝えてくれました。

僕はあかねに
「おかあさんがもうすぐ来るから、、、おかあさんを待ってあげてくれよ」
と叫びました。


あかねは絶対にそのことを理解して絶対に頑張っていたと思います。
お義母さんにもう一度逢うために頑張っていたに違いありません。
母親想いのあかねが、「もう、いいや」とあきらめたりするはずがありません。

でも、あかねの頑張りは報われることはありませんでした。

お義父さん、お義母さんが病室に駆け込むほんの数分前、
医師があかねの心臓が停止していることを静かに僕に伝えました。
2011年4月19日、午前2時27分でした。

あかねは45年の生涯を終えました。


あかねは、最期の最期まであかねらしく頑張ってくれました。

あかね、ちょっと間にあわなかったけど気に病むなよ。
お義父さんもお義母さんもあかねが最後まで頑張ってくれたことは解ってる。


僕は看護師さんたちに、あかねの身体に繋がれているたくさんの管を全部取り払ってやって欲しい、
と頼みました。

あかね、
もう苦しむ必要はない。
痛みもなくなったろ?
楽になったろ?
わずらわしい管も全部取ってもらうからな。

だから、ゆっくり休もうな。

ぼくには悲しさと同時に、
これであかねは苦しみから解放された、という安堵感が確かにありました。

あかねは、闘病の苦しみからたった今解放された。
あかねは、安らかになれるところへ向かって旅立った。

そう思うことで感情が狂ってしまうことを防いでいたのかもしれません。



あかねの遺体が看護師さんたちの手で清潔にしてもらっている間、僕とあかねの両親は病室の外で待機していました。

その時、僕の携帯が鳴りだしました。
アラームでした。
アラームがなったのはそれが二回目だったと思います。
また、4月19日の朝には丸山ワクチンの三回目の投与が予定されていました。

あかねのために備えたことや予定は、もはやなんの意味の無いものになってしまいました。


そんなむなしさの一方で、僕はあかねの魂に届けたい想いでいっぱいでした。


15年近く、こんな平凡で包容力も無い、それでもって稼ぎも悪い男と一緒に歩いてくれてありがとう。
ほんとうに感謝しています。
俺が天国に逝くことができたら、お返しするから。
待っていてくれよ。


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

コメント:

始めまして。私は先月の10日に21年連れ添った主人を亡くしました。名前は清次です。7月から入退院の繰り返しでした、病名は「肝臓癌」奥様と同じ様にに、体中「管」だらけ「水を飲みたい」と、私に泣いて頼みでも、ドクターストップだったので、水すら飲ませてあげる事も出来ないまま、天国へ逝ってしまいました・・・。 吐血をしていましたので・体は血だらけでした。私達夫婦には、3男1女子供達がいます。日々の生活に追われているせいか(-.-;)涙が枯れはてたのか?普通の生活になっています。せいじさん、お辛いの気持ちは分かります。ゆっくり進む事しか、生きている私達には出来ませんね・・・。 季節も、秋から冬へ冷え込むが厳しくなってきますので、お体お気をつけて下さい。

No title

涙が止まりませんでした。
あかねさんを看取る姿・・・・ここに集まる皆さんには分かります。様子が分かる、自分を想い出す・・涙が出ます。
私は、少しずつ数値が下がってくるのを冷静に見ていました。0になった時にも冷静に子供達を抱え「お父さんよくがんばったね。えらかった!」って、それしか言えなかった。
11日間手を握り合い、覚悟が出来ないままなのに、どこかで覚悟をしていたのか、この温かな手を、私達の手を残さなきゃと、誰も居ない時に片手で写真を撮りました。携帯に残しています。時々見ます。
感触を想い出します。
温かさを想い出します。
去年の今頃は、大好きな鍋を4人で・・・
去年の今頃は、来年の家族旅行の計画を・・

去年の今頃は・・・って毎日想ってしまいます。

むらさきさん、私もあの世で夫にもっともっと尽くしたいと思います。
逢いたいです。

Re: タイトルなし

せいじラブさん

コメントありがとうございます。
返信遅れました。

旦那さんのこと心よりお悔やみ申し上げます。

「むらさきせいじ」というのはハンドルネームです。

以前、あかね(←これもハンドルネーム)が開設していたブログで彼女が僕につけた名前です。
(あかねのブログはいずれこのブログでも案内しようかな、、、と思っています。僕のブログと違って本当に“面白い”です)。

日々の生活(仕事や家事)に追われ、失くしたものを頭の隅に追いやって、哀しみを少しでも忘れてしまうのがいいのか?それともかけがえのない人のことを片時も忘れず、いつも頭の真ん中で哀しみに耐えながらも思いやってやるのがいいのか?

天国に逝った大切な人はどちらを望んでいるのでしょうか?

僕にはわかりません。

答えは天国であかねに会って訊ねてみないとわかりそうもありませんが、“ゆっくり”と考えてこの世で自分なりの人生の指針を見つけられたらと思います。

このブログを通じて、僕たちと同じような境遇にいる人が大勢いることを感じ取ることができました。
それぞれの方が、ご自身なりのやり方で哀しみに耐え、乗り越え、人生を生き抜こうとしていることと思います。
せいじラブさんにもそして僕にも“生ききる”ための手段が見つかるといいなと思います。

本当に朝晩は「寒さ」を感じるようになりました。せいじラブさん(自分のことではないのにこのお名前を書くのは照れます)もどうかご自愛ください。

Re: No title

畑さん

いつもコメントありがとうございます。

返信遅れました。

ついに書いてしまった、という感じです。
本当は細かい描写は避けてさらっと書いてしまおう、かと考えていたのですが、記憶を辿るままに書き綴ってしまいました。
ちょっと重い記事になってしまった、と思っています。
(実際僕も書きながらこみ上げてくるものを抑えることができませんでした)

畑さんも昔の想い出をコメント中で触れられていますが、
僕も想い出すことは多いです。

明日は一年前、あかねが手術を受けた日です。

あれから一年。
手術がうまくいったことで舞い上がっていた僕が、一年後こんなブログでこのような文章を綴っていようとは思いもよりませんでした。

僕たちは想い出の中でしか大切な人に会えません。
でも、想い出は哀しみをともないます。
少なくともまだ僕には「あかねを懐かしむ」といった心境にはとてもなれません。
想い出は甘美なものではなく、想い出すほどに哀しいものです。

でも、僕は決してあかねを風化させません。
あかねを想って生々しい哀しさが自分に湧き上がることを肯定します。

それは、僕にとって本当に大切な人にこの世で出会うことができた裏返しと思うからです。
これだけ哀しいことは、それだけあかねが僕にとって大切な人だったのです。
そしてそれは間違いなく幸せなことだと思っています。

爽やかと思っていた空気が、「寒さ」をおびるようになりました。
畑さんもご自愛ください。
そして、よかったらまたブログに立ち寄ってください。

No title

早速にお返事してしまいます。

本当にそうですね。懐かしい・・違う違う!懐かしいんじゃないないって頭を振って・・想い出に浸って泣いて。

想い出しては、苦しくて。楽しい出来事を想い出しても悲しくて・・幸せな日々も悲しくて・・。声も肌の感触も匂いも忘れない。全てに触れたくて仕方がないのに・・

次逢えるのはいつなんだろう。いつ迎えに来てくれるんだろう。

でも現実、私は母親としてまだまだ生きなくてはならなくて。

夫の分生きなくてはならなくて。

でも逢いたくて逢いたくて。
想い出しては悲しい寂しい=肯定する=幸せ

よ~く分かります。

少し楽になりました!

はじめまして

はじめまして。52歳男性です。私も2010年5月3日に家内を天上界に見送りました。約1年半の闘病の末に。娘たちと暮らしています。
なんとあろうことか、お互い7歳の頃から知っている幼馴染みの親友が9月にお母上大往生の後を追うようにその数日後に孤独死しました。
歴史を共有してくれた人が去ってゆくのは辛すぎますよね。
今日は初めてこのブログを拝見しました。
ゆっくり時間をかけて読ませていただきたく思います。
よろしくお願い致します。

いつか光りに包まれることを・・

むらさきせいじ様

思い起こせば、私のブログの閲覧をきっかけに(訪問者リスト)このブログに立ち寄るようになりました。

その頃は、せいじさんもブログを立ち上げられたばかりで、閲覧者も0だったり1とか2とかでしたよね。

要らぬお節介で当ブログで紹介したり、ある時は、twitterでも呼びかけたりしました。

一人でも多く、せいじさんのこの想いに共感して欲しいと思ったからです。

勝手なことをしてごめんなさい。

家族の苦悩にも気づかされました。
私達がん患者も辛いけど、家族も特に遺された家族は、筆舌に尽くせないほどの苦しみがあるということ。

このように自浄作用とはいえ、ブログに綴って下さってありがとうございました。

一人の遺族むらさきせいじさんの壮絶な苦悩と慟哭、また、それでも生き続けなければならない
厳しさ。悲しみに耐え忍んだいや、忍び続けている遺族の足跡として、

もし、およろしければ、このブログを閉鎖しないで頂きたいと思うのです。

何故なら、辛さを抱えている遺族にとって、自分だけんじゃないと思えることは、希望だと思うからです。

理屈ではなく、お一人おひとりの存在が、”自分ひとりだけじゃない、みんな
同じに悲しく辛い。もっと、もっと一緒に暮らしたかった。”

そう思っている仲間がいるだけで、だた、それだけで、
支えや力になったりするかもしれないと思うからです。

勿論、ご無理でなければ・・・です。

今までの更新をありがとうございました。
私のブログには、このサイトがなくなるまでずっとリンクを貼らせて頂けたらと思っています。

シャロームの遺族会員さんも、このサイトに立ち寄らせて頂いているようです。

今まで本当にありがとうございました。

 By がん患者会シャローム:代表 

Re: はじめまして

せいさん

コメントありがとうございます。

奥さんのこと、ご親友のこと、お悔やみ申し上げます。

人はいつか見送る側と見送られる側に立たされることを思い知りました。
見送る側として僕は何をすればいいのか?どう生きればいいのか?

おぼろげに想うのは、
“自分に誠実に生きること”
“かつて自分を愛してくれた人が微笑んでくれるように生きること”
だということです。

常識とか、世間体だとか、そんなもんに縛られるのはもうやめます。
僕は僕が“正しい”と思った未来を選びます。

僕には子供はいません。
だからこそ気軽なことを言えるのかもしれませんが、決めました。

今後の僕を、あかねへの想いをまだまだ書き綴ります。

良かったらまたのぞいていみてください。


Re: いつか光りに包まれることを・・

シャロームさま

ご無沙汰しています。

思えば、このブログの存在を初めて広く紹介していただいたのはシャロームさまでした。
おかげさまで今は毎日3桁の数の閲覧をもらってます。
ありがとうございました。

僕の書き方が誤解を招いたのかもしれません。

僕が“最後”との想いで書いたのは、あかねの闘病の記録です。

僕はあかねの命の最期の輝きを、あかねの最期の半年間を自分に焼き付けるために“あかねの闘病記”を残しました。
そのログはこの記事で一応の完結です。

でも僕の感情の変遷のログはまだまだ続けます。

せいさんからいただいたコメントに返信させていただいた言葉が、今の僕のむき出しの“想い”です(ちょっと呑んだ後で書いてますので、平常時の2倍くらいの勢いがついてます)。
そちらにも目を通してみてください。
そのコメントを僕のシャロームさまへのコメントへの“回答”と受け取っていただければと思います。

Life goes on.

悲しいことに僕の人生はまだまだ続きがあります。

その僕の残りの人生を見て、あかねが微笑んでくれるように生きたいと思います。

僕のブログを見て、同じ境遇にいらっしゃる方々が共感を抱き、孤独感をほんのほんの少しでも癒してくれたなら・・・
そんな他人を思いやる余裕なんてこれっぽっちももちあわせるほどの器は僕にはありませんが、結果としてそういう作用を発揮しているなら、あかねのきっと喜んでくれていると思います。

僕も、僕と同じ“おもし”を抱えている人がたくさんいらっしゃることを、このブログを通じて痛感しました。
僕自身も「一人じゃない」ことを知ることができました。

世の中には、理不尽なことや、さげすみや、争いや、偏見や、思いやりや優しさが足りないことや、うんざりすることが溢れています。
この半年、本当にそうしたうんざり感にさいなまれました。

でも、もう僕はそういったうんざり感から自由になりたいと想います。

まだ僕にはこのブログが必要です。
まだ僕はこのブログを続けていきます。

よかったらつきあってください。

代表はおっちょこちょいなんです!

むらさきせいじさま

実は、がん患者会シャロームの代表こと、私は、おっちょこちょいなんです。
あ~。

それで、昨日のブログも最後に追記のように加えています。でも、もう、ブログ書いちゃったので、つぎはぎしちゃいました。

このむらさきせいじさんの回答をこのまま、今日のブログに続きとして載せたいのですが、ご許可いただけましたら、幸いです。

ブロガーとして私ともお仲間で~す。仲間力は、どこの世界でも強いと思います。たとえ、面識があろうとなかろうと・・。


Re: 代表はおっちょこちょいなんです!

シャロームさま

ご返信ありがとうございます。

> このむらさきせいじさんの回答をこのまま、今日のブログに続きとして載せたいのですが、ご許可いただけましたら、幸いです。

↑もちろんかまいません。よろしくお願いします。

> ブロガーとして私ともお仲間で~す。仲間力は、どこの世界でも強いと思います。たとえ、面識があろうとなかろうと・・。

↑人と人とのつながりを“わずらわしい”と思ったこともあります。
“しがらみ”はできるだけ避けたいと思います。
でも、一切の利害関係が存在しない純粋な心と心のつながりはとても心地良く、そして心強く思います。
そんなつながりを広げていけたらどんなにいいかと思います。

Re: 代表はおっちょこちょいなんです!

むさきせいじ様

ひゃっほい!
ありがとうございま~す。

①ブログも②仲間も・・。ふふ。感謝です。

お荷物にならないようにしないと・・。

でも、私もがんに罹患した時、誰にも会いたくない!と
思いました。

すべてが懐疑的、すべてが不信。すべてが敵。
そんな私がどうして、患者会など立ち上げたか・・。

それは、やっぱり、本物の仲間は、力になると思ったからです。

No title

こんばんは。
このブログをはじめの方からゆっくりと読み始めました。
あなたは関西の方なんですね。私も生粋の関西人なのですが、もう長く横浜で暮らしています。家内を看取ったのも横浜。でも墓所は六甲に買い求めました。
私たちは結局複雑な事情だらけで、結婚してから関西で暮らせることはとうとうありませんでした。実現寸前までこぎつけたこともあったのですが、ね。
私の家内も発見~検査~確定の段階で既に肺がんのⅣ期でした。
今夜以降また続きをゆっくりと読ませていただきます。

Re: No title

せいさん

コメントありがとうございます。

僕は関西で15年程度暮らしましたが、生粋の関西人ではありません。
もっとも関西のメンタリティは充分に身に染みているとは思います。

あかねの闘病記は一応書き終えましたが、ブログはまだまだ続けようと思います。
あかねが不在のまま、これからの人生を生きていくうえでの“相棒”として、このブログを更新していくつもりです。

よろしければまたお付き合いください。
非公開コメント

お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR