夫婦の一コマ

Category : あかねのギャラリー

あかねと僕の間には子供はありません。

僕たちの生活空間にはあかねと僕の二人だけです。

時には意味のない行動で時間の隙間を埋めていくことが多々ありました。

他人から見れば、「何やってんの?」と思われても仕方のない夫婦のコミュニケーションがあったと思います。

以下の5コマはそんな僕たちの日常の一面をあかねが切りとったものです。

きっとマウスで線を描いたと思われます。
文字もマウスで書いたと思います。

あかね、俺に訊ねてくれたらもっと見映えよく作れたのに・・・・

でも、こんな超ハンドメイドなあかねの“作品”に僕は本当に硬く結ばれた心をほどいてもらっている感覚を覚えます。



fuufu2.jpg
fuufu3.jpg
fuufu4.jpg
fuufu5.jpg

僕たちは、こんなささいな場面を後何百回も何千回も積み重ねていくはずでした。

でも、こんな取るに足らないあかねとのやり取りは、もう一度だって実現することはありません。

僕はこうした小さな小さなあかねとの交わりに心を癒され、生きていくことの意味を無意識のうちに抱いていたと思います。



あかねと一緒に生きることが、僕が生きている理由でした。




にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

コメント:

No title

私も、夏に結婚15年目に癌で主人を亡くしました。44歳でした。色々なブログを見て、気持ちを落ち着かせています。せいじさんと、あかねさんは、少し私達に似ている所があって悲しくなることもあります。でも、読んでしまいます。私は一日に何度か涙が止まらなくなります。会いたくて会いたくて、どうしようもなくって、自分が狂ってしまうんじゃ…と思うことがあります。一緒に行っていたス―パーにも、まだ行く事ができません。毎日、ただ会いたい、触れたい、声が聞きたい…それだけなのに、かなわない願いです。せいじさん、死ねればどんなにか楽なのに、私達の周りには大事な人がいます。それはとても幸せな事であるし、つらい事でもありますね。
非公開コメント

お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR