スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

共感すること

Category : 吐息とも吐かないつぶやき

世間的には三連休ですが、中小企業に勤める僕は昨日は仕事で、今日からの二連休です。

今日はいろいろと家事をこなし、明日は月命日で墓参りです。

あかねがいたころは、休みの日は黙っていてもご飯が出てきて、明日着ていく服が洗濯されていたけど、今は全部自分で準備しないと何も事が前に進みません。

あかね、ほんとにありがとな。
自分で家事をこなして、本当にあかねが俺のためにしてきてくれたありがたさを感じています。


ところでここ数ヶ月、僕にとって休日とはあかねへの想いを募らせるがあまり、重く苦しい日として定着しています。

平日、仕事に行けばいやでも思考が仕事に占領されるのですが、休みの日はあかねのことを考えるだけで済みます。
思う存分にあかねのことを想い、考えてやることができるのですが、それは決して心が穏やかになる作業ではありません。
やはり、心が波立ち、時として嵐さえ起こります。
平日は泣くことはほとんどなくなりましたが、休日にはこらえきれず涙を流すことがあります。
そして、あかねの名前を一人ぼっちの部屋で叫んでしまうことがあります。

そうしたメンタルのサイクルを自覚し始めてからは、休日を迎える前日から、
「あぁ明日俺はどうなるだろう?」
と、ある意味怖れに似た感情が心に宿ります。


でも、今日に限っては、少なくともこの記事を書いている時点までは、気持ちは比較的落ち着いています。
日にち薬がそろそろ効いてきたのか?とも思いますが、僕にはひとつ思い当たるふしがあります。

それは、一昨日取引先のお客さんと話していた時のこと。

そのお客さんは僕よりいくらか若い女性のお客さんですが、お父さんを亡くされいて、お父さんが亡くなられる前後のことを僕に話してくれました。

その話を聞くと、そのお客さん自身、またお母さん(故人の奥さん)が経験した心の有り様が、本当に今僕が対峙している気持ちに似ていて、

「誰もが、いつかはやりきれない喪失感と向き合う時が来るのだな。」

と思い、
さらにそのお客さんから語られた、

「今は、ここじゃないけどどこか別のところに“いる”と思えるようになった。」

という言葉に、僕が到達しなければならない地平を垣間見たような気がします。


これまで、あかねは僕のそばに今もいてくれるとか、天国にいるから僕も必ずそこに行くとか、散々書いてきましたが、それは書くことによって、無理やりにでも自分自身にそう思わせようとしていたことは否めません。

死んだ人間が、「どこかにいる」なんて、冷静にとらえれば無理のある想いなのだとは思います。

僕は自分自身がそう思いたい気持ちと、現実的にあかねの不在を見つめたときの絶望感の間で揺れ、気持ちを不安定にさせていました。

でも、僕は初めて自分以外の人から、死者がここでないどこかに“いる”という言葉を聞きました。
(あかねの両親はもちろん除いてですが・・・)
僕がひとりで、ああでもないこうでもないと悶えているところに、第三者からとても共感する言葉を聞くことができました。

そのことが、今週末の僕の心を少し穏やかにしてくれているのかもしれません。

「傷を舐めあう」と言えば、聞こえが悪いですが、同じ思いを共有する人と心を交わすことによって救われることは確かにある、と思います。

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

コメント:

非公開コメント

お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。