人生はゆっくりとしか進まない

Category : 吐息とも吐かないつぶやき

ここ数年、遠くのものが見えづらく、
今月、会社の健康診断で両眼の視力が0.4と診断されて、

これでは次回の免許更新にも差支えがあるので、
人生で初めて眼鏡を作ることにしました。


あかねも、亡くなる数年前から眼鏡を必要としていました。

あかねの掛けていた眼鏡は、黒縁のシンプルな眼鏡。

僕も、あかねの眼鏡に似せた、
(そしてバディ・ホリーや佐野元春といった昔から好きなひとたちが掛けていた)
黒縁の眼鏡を、今日作りました。

たぶん、当面車を運転する時くらいにしか装着しないかとは思いますが、
眼鏡を掛けることは、
自分の人生の段階が、“次”の段階に移ったように思えます。


先月、七回忌を執り行って、
6年の時間をやり過ごしてきたことを確かめたと同時に、
この先の未来の永さを想い、
気が遠くなる想いがしました。

人生は、急にスピードを上げたりはしてくれない。

一日、一日を、
地道に潰していくことでしか前に進めない。


“終わり”が、
一日も早く訪れてほしい
僕のような人間にとっては、

眼鏡が必要となった年齢になったことで、
ゴールに向けての道のりが、ほんの少しだけど、
“キュッ”と短縮されたようで、

いつもの一日よりは、

“終わり”に近づけたような気がしました。


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

コメント:

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

むらさき せいじ様(あかね様)

5/12に秘信にてコメントさせて頂きました、
Hirooと申します。

せいじさんの言葉を毎日少しずつですが、ようやく
最後まで読ませて頂きました。

あかねさんの明るいブログも、バイトをされていたせいか、
徐々に書き込み数が減りつつ、2008年の夏を最後に
更新が途絶えてしまったようで寂しさを感じました。

私は余り文章でお伝えする事が得意ではありませんので、
うまくお伝え出来ないのですが、お二人のこれまでの
「言葉」をずっと読ませて頂き、素直に
「お二人は素晴らしい」と感じています。

以前の書き込みでも書いたかもしれませんが、
あかねさんのブログからも生前、せいじさんの事をどれほど
「愛しているか」を日々言葉にされておりヒシヒシと伝わって
来ました。

これほどまでに伴侶の事を素直にストレートに愛情を表現
されている様子に、とても羨ましく感じました。

私達夫婦も、日頃からちゃんと言葉にしていれば良かった・・・

せいじさんは、あかねさんと巡りあえて、ご結婚され
お互いに本当に「幸せ」だったと伝わって来ました。

私は妻を亡くしてまだ5カ月ほどにも関わらず、
せいじさんのように、一途に一人の方を想い続けられる様子に
逆に私は妻をそれほど愛していなかったのだろうか?と
疑ってしまうほどです。

私には、妻が残してくれた子供達がおり、
成人になるまでは、自分の「役目」だと思い、
毎日、家事や子育てに追われるため、寂しいと思いつつも
忙殺されている現状です。

私も自分の役目を果たし、亡くなった妻に逢えた時に喜んで
頂きたいと思い、我が子の成長と共に、少しでも日々の生活が
充実するようにと思いながら過ごしています。

私も今月でもうじき50歳になります。
永らえて生きたいのではないですが、お互い役目を終える日まで
御身体を気を付けてお過ごし下さい。

Re: No title

コメントありがとうございます。

いつも「せいじ」「あかね」のふたりに宛ててもらったコメントが嬉しいです。


眼鏡が必要な年齢になって、膝には慢性的な痛みを抱えています。

これから先、
思うように動けなくなっていく、
思うように見えなくなっていく、
思うように聞こえなくなっていく、

少しずつ少しずつ、そうなっていくのかなぁー・・・
と「老い」というものをこれまでよりもリアルに感じています。

この先も、家族を増やす予定はこれっぽちもないし、
なるべく「しゃんと」しているうちに人生の終わり支度をしておこうかな・・・

とそんなことも考えています。

Re: No title

Hirooさん

コメントありがとうございます。

ブログ、すべて読んでいただきありがとうございました。
更新頻度がほぼ「月刊」ペースになっていますが、やめる気持ちはありませんので、今後ともよろしくお願いいたします。


Hirooさんのブログも拝読させていただきました。

どうしても、6年前の自分とあかねのことが重なってしまい、
胸が締めつけられるような想いでした。


気持ちを言葉として解放していくことで、
ほんの少しかもしれないけれど心が洗われたり、
時として気持ちの整理がつくこともあります。

僕がブログを続けてきたなかで得た実感です。

そしてなによりも、自分のブログを見つけてくれた方から、
言葉をかけていただける・・・
そんな幸運にも恵まれました。
これは本当に僕にとって支えになりました。

いただいたコメントでは謙遜されていましたが、どうかHirooさん、ブログを続けてください。
そして、HirooさんのブログがHirooさんご自身を支える存在になることをお祈りしています。

No title

むらきさ せいじ様(あかね様)

Hirooです。コメントの返信のほどありがとうございます。
またブログも読んで頂け、優しいコメントも返して頂き
重ねて御礼申し上げます。

僕もせいじさんとあかねさんのブログを読ませて頂き、
「自分も。妻Motokoの生きていた足跡を忘れないためにも」
と思い、ブログを書く事に決めました。

僕もブログ村へは参加してみましたが、
ランキングなどには興味は無く、僕がもし何かあったり、
年老いて記憶が徐々に薄れて来るまでに、Motokoの事を
子供達や誰かに憶えてて貰いたいと願い、記憶を「残す」
事にしました。

あかねさんのご両親との関係、
せいじさんのご両親の体調、
そして、毎月の月命日のお墓参りなど
ブログの更新が以前に比べ減られておられるのが
せいじさんの「生きる事」に対しての気持ちが
以前よりも上向きになっていないのでは?
と心配しております。

日々過ごしていく事で、あかねさんへ逢える日が近づき
ご自身の役目(ご両親を先に見送る)を全うしてから
あかねさんとの再会を期待する想いは以前と変わらず
持ち続けておられると思いますが、もし今、あかねさんに
お逢えい出来たときに、胸を張って逢える様子なのか
気になっていました。

僕は、せいじさんとあかねさんのブログ(言葉)に
思い打たれる事があり、応援と言うと厳かかもしれませんが・・・

お伝えしたい事が少し支離滅裂になってしまって
申し訳ありません。

Re: No title

Hirooさん

コメントありがとうございます。


「生きること」に対する気持ち・・・

確かに、6年間という時間が経過して、
人間というか、生身の生き物としての劣化もあり、
気力・体力ともに過去の勢いはなくしていることは否めません。

簡単に言うと「くたびれて」います。

でも、あまり力みすぎても

「もたない・・・」

という実感もあります。


僕は小学生や中学生時代、
通信簿に「几帳面」という性格を担任教師に記述されたように、
あまり融通のきかない性格のようです。

なので、自分の思い通りに(仕事や家事の)タスクをこなせないとストレスを溜め込みますし、
残された人生の「役目」を果たせないとなると、あかねに顔向けできないほどの劣等感に落ち込むことでしょう。


「バランスを上手にとること」かな・・・

と思います。

譲れないところは衰えた体力・気力を振り絞ってもやり遂げる。
でも、自分を赦せるところは赦す。

「完璧」を目指す必要はない。

所詮、僕は不完全な人間です。

絶対に成し遂げなければならないことにフォーカスして、
それを達成するために、緩めるところは緩める。

それでもいいんじゃないか?


流されるわけではない。
力みすぎて、何ひとつ手にできないようなことにならないように、
ひとつでいいから、
「確かな手土産」を携えて逢いにいけるようにしたい。

そう考えています。
非公開コメント

お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR