「20年」に寄せて

Category : 吐息とも吐かないつぶやき

20年前の今日、

無条件に自分たちふたりが主役になった日。
なんだか照れくさいけど、集まってくれた人たちの笑顔がやっぱりうれしくて、
その一方では、前日まで何度も繰り返しひとりで口ずさんで暗記した新郎挨拶のセリフを、時より頭の片隅に思い出しては、少しの緊張感を覚えて・・・


そんなあの日から、20年が経ちました。

あの日、20年後の自分たちふたりをどんなふうに想像していただろう?

きっとそんな遠い未来のことなんて、何も考えていなかったと思います。



20年が経って、

ひとりは写真立ての中で永遠に微笑んで、

そしてもうひとりは・・・
その写真立ての中で微笑むひとと、丸20年という節目の結婚記念日を祝うために、
午前中に自転車で出かけて、ケーキとワインを買って、
花も買って素人なりにアレンジメントしてみたところ、まったくしょぼい出来になってしまい、そのことに凹みつつも、

「それでも、きっちりやらねば・・・」

という使命感に突き動かされ、儀式の準備を整えました。



まったく、微塵も、これっぽっちも思い描くことのなかった結婚20周年の今日。

確かにあかねは、今ではもう空に暮らすひとになってしまって、
僕にはその姿も声も聞こえないけれど、

あかねに対する気持ちはずっと変わらない。

そのことを僕は誇っていいと思う。
そう僕に思わせてくれるあかねのことは、それ以上に僕の誇りです。

寂しいし、虚しさに心が折られそうなことだって正直日々たくさんあります。

でも僕らふたりの夫婦としての在り様は、僕には誇らしく思えるから、
その想いが僕を支えて生かしてくれているのだと思います。



あかね、節目の日の想いは、ここに確かに遺したよ。

よしっ!

それじゃあ、これからシャワーを浴びてきたら、
ケーキとワインを供えるからな。
ダサいフラワーアレンジメントには目をつむってくれ。

アルコールは呑めないあかねだけど、今日くらいはいいだろう?
BGMは披露宴で流した曲を用意した。
トム・ウェイツががなり立てるあの曲。
ちょっと昔を思い出しながら、また一緒に聴くか!


では、これからシャワーを浴びにいってきます。


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

コメント:

No title

トムウェイツ 懐かしいです
彼も聴いてましたね
音楽が好きでした
死別のブログでは出てこないだろう名前ですね
瞳をとじてとか、だいたいその類ですもんね
懐かしくて、思わずメールしてしまいました

Re: No title

どんさん

はじめまして
コメントありがとうございます。

もともとあかねがトム・ウェイツのこと好きだったんですよ。

また付き合い始める以前のこと。

あかねがトム・ウェイツの半世紀を描いた評伝本を探している、と聞かされ・・・

「おっ!こいつ・・・」

・・・と、トム・ウェイツのことは詳しくは知らなかったし1枚のCDも持っていなかったけれど、当時、NHKサウンドストリートのリスナーであり、なんとなくどんな音楽をやっている人かくらいはおぼろげに知識があった僕は・・・

「けっこー渋い趣味してるなー」

と、あかねのことを一目置くようになりました。

それから僕がトム・ウェイツを積極的に聴くようになり、彼のアルバムをひと揃えするまでさほど時間はかかりませんでした。

そして結婚して、我がむらさき家には、あかねと僕がそれぞれ独身時代に所有していたトム・ウェイツのアルバムがそれぞれ2枚ずつある状態となってしまいました。


ウェイツがいなくたって、一緒になっていたかもしれないけど、
ウェイツが僕たちふたりを近づけたくれたきっかけのひとつであったことはどうやら間違いないと思います。

やはり彼には、「感謝」です。

No title

 むらさき せいじ様へ
 むらさき あかね様へ

長期間に渡りブログを拝読させて頂いてたものです。

せいじさんの中にあかねさんが
あかねさんの中にせいじさんがしっかり生きづいているんですね。

お二人だけの世界が・・・これからもずっと

これまでお二人のブログを通して、たくさんの温かさ、人を思いやることの大切さを教えていただき、ありがとうございました。

自暴自棄になることなく、いつも一歩ずつ前向きに前向きに生きている せいじさん!!あかねちゃんにベタ惚れされてるわけですね。(笑)

冷たい北風が、せいじさんのところに行かないようあかねちゃんがしっかり守ってくれてて、あったかい光だけが、さんさんとさすよう見張ってますよ~

せいじさん。あかねちゃん。これからもお幸せに!ピース

 これからもお二人とも大好きなさくらでした。


Re: No title

さくらさん

こんにちは
コメントありがとうございます。


前向き・・・なのかどうか?
は自分ではよくわかりません。

足を前に運んでみては、また後ずさっての繰り返しの日々です。

それでも一日一日を積み重ねていくことは、
あかねのいる空の高みへの階段を積み重ねていくことなんだと、
一日一回は唱えてみて、自分の人生を投げ出さないようにしています。


むらさきせいじとむらさきあかねのふたりに向けてのコメントが嬉しかったです。
ありがとうございました。


(間違っていたらごめんなさい。
「さくらさん」は5年ほど前にコメントをいただいた「さくらさん」でしょうか?だとしたら長いことお付き合いいただきありがとうございます。
ここしばらく、新しい記事を書けてません。
でも、やめたわけではありません。
これからも気長にお付き合いいただけたら嬉しいです。)

非公開コメント

お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR