スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

散歩に出掛けて

Category : 吐息とも吐かないつぶやき

今日は休日。
しかも早春のいい天気。

早めに目覚めることが出来たので、早々に洗濯をすませ、
日頃の鬱々とした気分を晴らそうか・・・と散歩に出掛けました。

いちばん歩きやすいスニーカーを履いて、近くの図書館までのコースを歩きました。

途中桜並木のある河川敷まで出ると、桜がちらほらと花を開いていました。
気の早い花見客もいて、ブルーのビニールシートを広げながら花見の準備をしていました。

河にかかる橋を渡っていると、まだ午前中の少しひんやりした風を受けましたが寒さを覚えるほどではなく、心地良くありました。

図書館まで辿り着き、小一時間ほど館内の本棚を吟味して2冊の本を借り図書館を出ると、

お孫さんを連れた女性の方が、
「気持ちいいねー」
とお孫さんに語りかけていました。

僕が橋の上で感じた心地良さを、あのおばあさんも感じ、それをお孫さんと共有しようとしている会話が聞こえてきて、

「あかねがいたら、この気分を分かち合おうとしただろうな」

と、そんなことを想いました。


帰り道は来た道とは別のコースを取って、図書館から程近い小さな公園を横切って自宅まで歩くことにしました。

その公園には、ソメイヨシノではない別の品種の大きな桜の木(品種の確認まではしませんでした)が一本だけ植えられていて、ほぼ満開状態でした。
その桜の木の周りでは、大勢のひとがカメラを構えていました。

小さな公園ですが、この桜目当てなのか、帰路につく僕とすれ違うひとかずも多く、
手を繋いで歩く夫婦や、はしゃぐお孫さんに目を細めるおばあさんや、近くの日本庭園を訪れた観光客とおぼしきカップルなどなど・・・
みんなが笑みを浮かべて歩いていました。

「今はそういう季節なんだろうな」

と想いました。

寒い季節が終わって、また暖かい季節が巡ってきて、
桜の名所だけではなく、何気ない歩道にも花が咲いていて、
とりわけ何かがあるわけではないのに、
なんだか自然と心が浮き立つ、
「そんな季節なんだな」
と想いました。

そして、春に逝ったあかねを思い浮かべて、

「この季節ほど、ひとの死にそぐわない季節はない」

と想いました。

そんな想いを巡らせて大泣きする時期は、もうずいぶん前に過ぎました。

今はもう、
あかねが人生の最後に過ごした春という季節を、

もう一度ふたりで過ごしたい・・・
心地いい風と眩しい光をふたりでもう一度分かち合いたい・・・

と、切に心から願うだけです。



にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

コメント:

非公開コメント

お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。