スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

書けなかった理由

Category : 吐息とも吐かないつぶやき

随分と更新が滞ってしまいました。

でも、昨日の(一日遅れの)月命日の墓参りが呼び水になったので、またここに今の心境を残そうと思います。


今回は、僕の仕事の都合であかねの両親と日程を合わせることができず、ひとりでの墓参りになりました。

彼岸の中日ということで、墓参りに訪れている方々も何組か目に付き、いつもよりもたくさんのお墓に真新しい花が手向けられていました。
天気は上々で、それらの花々が眩しい陽の光に映えていました。

朝、部屋を出る時に、
「ちょっと薄着が過ぎるかな?」と思っていたコットンシャツと薄手のカットソーといういでたちでも、お墓の草抜きをしている最中からは暑さを感じるほどで・・・

「また春が来たなー」

・・・とヒシヒシと感じました。



あれから、もうすぐ丸5年です。

短くはない時間が経過しました。

この5年間で、あたりまえですが、さまざまなことが変化しました。
僕も、あかねの両親も、僕の両親も、皆が歳を重ねて、
特に両親達はそれぞれ体に何らかの重い困難を背負うようになりました。

50歳になるまであと数年の猶予がある僕でさえ、3箇月くらい前から慢性的な膝の痛みに悩まされるようになってしまいました。
外科の診察を受けたところ、「加齢」によって骨や軟骨が劣化して炎症を起こし、水がたまっている・・・とのことでした。
また、頭髪の色も加速度的に「白」の範囲が増してきています。
僕の身体も、確実に5年分の生命力を消費して着実に「枯れて」きているようです。


あかねが亡くなった直後の、
「もうあかねはいないのに、この世界が何事もなかったように普通に回っている」
ことへの激しい違和感も、今はもう鎮まっています。

5年前、
「もう何がどうなってもかまわない」
となかば自暴自棄だった心境も、いまでは、あかねを喪ってから得た新しい職場で、食い扶持を稼いで生活を成り立たせ、
知らず知らず、日常を「守る」ことに変化してきました。


それだけの時間が過ぎました。


そして今、
この季節の陽射しを受けたり、空気のぬくもり包まれると、
例えようのない「むなしさ」が込み上げてきます。

以前のような噴き出すような、哀しみや切なさではなく、
ただただむなしい、果てしない「むなしさ」。


取り戻せない過去。
この世界ではもう見ることのできないあかねの笑顔や、聞くことのできない笑い声。
ふたりで歩くことのできない未来。
優しく明るくみんなに愛されたあかねに、決して強いられるべきではなかった癌の苦しみと、そして死。
年老いていく親達。
「日常」に埋もれていく自分。
過去に無力だった自分。そして今も無力な自分。


そんな過去や現在の現実から逃げるように、
僕は、とりとめのない「むなしさ」、
というあきらめの感情に浸って、現実が見えなかったかのように、その日その日をやり過ごしているのだと思います。

実は、仕事の上で僕が担う責任の範囲が増えて、それに伴い疲れが溜まり、
それで、ブログを更新することに手が回らない・・・と自分を納得させていました。
(ずっと続けてきたあかねの誕生日にあわせての記事も書けませんでした。)

それは違いました。


僕は以前、このブログの唯一の掟は「誠実」に自分の気持ちを告白していくこと・・・というようなことを書いた覚えがあります。
でも、「むなしさ」に逃げ込んで、心を痩せ細らせてただ日々を重ねているだけの自分を直視できない僕が、
たとえ、そんな状態のままにブログを更新させたとしても・・・

それは、
「誠実」ではなく「欺瞞」、
「率直な感情の発露」ではなく「“死別ブログ”のステレオタイプに沿って創作した作文」、
になってしまうことを心の底で自覚していたのだと思います。

それ故、書けなかったのだと思います。


この先、また素直な気持ちをここに綴れるかはわかりませんが、今日はそれなりに率直な気持ちを告白できたと思います。
この場所は僕にとって、大切な場所であることに変わりはありません。
だから、「残したい」と望んでいます。


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

コメント:

No title

せいじさん、おかえりなさい。

1月、2月と、あかねさんの月命日が過ぎても更新がなかったので心配してました。
ご無事でなによりです。
せいじさんの想いがたくさん詰まったこの場所は、あかねさんにとっても大切な場所のはずです。
いろいろお考えになるところはあるかもしれませんが、あかねさんも私も、せいじさんの言葉を心待ちにしています。

まだまだ寒暖の差が激しい春先ですが、お身体ご自愛くださいね。

Re: No title

南さん

こんばんは
ご無沙汰していました。

コメントありがとうございます。
お返しが遅くなってごめんなさい。


見ていてくれてたんですね。

それだけで、嬉しいです。


僕は、自分が抜け殻のような人間になりつつような、
そんな気がして怖いです。

心を宿さない、
哀しみに震えない、

生きていく、という困難に、

鈍感さは、ある時には有効なのかもしれないけど、

ザックリと心をえぐられながらも、それでも生きていく方が、

「生」をまっとうできている・・・と思います。



マイペースで続けたいと思います。
(これまでもそうだったくせに、あらためて書くことではありませんが・・・)

心に誠実に、素直に、あかねのことを、自分の心持ちを遺していこうと思っています。


ちょっと寒さが戻りましたね。

温かい食事と、温かいご家族と、温かいベッドで・・・
どうぞご自愛ください。


久しぶりにお言葉をいただき、嬉しかったです。
もちろん、あかねに報告しました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

7月19日に秘信をくださった方へ

コメントありがとうございます。

僕の拙い文章をすべて読んでくださってありがとうございます。

コメントをくださった方と、あなたを大切に想うすべての方々が、

いつの日か、

“そんなこともあったね”

と笑顔とともに振り返ることができる、

今回のことがそのくらいの、

コメントをくださった方の人生にとって、

些細な、ほんとうになんでもない、

ちょっとだけ石にけつまずいただけの出来事であることを、

お祈りしています。
非公開コメント

お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。