月命日(44箇月目)

Category : 吐息とも吐かないつぶやき

タイトルに偽りアリです。

今日は23日。

仕事の都合がつかず、19日から4日遅れてやっと墓参りに来ることができました。


昼ごろに墓地に着きましたが今日は比較的暖かく、
風をさえぎるものなんてない墓地でも、長くとどまることが苦になりませんでした。

家で淹れてきた温かい紅茶を、
あかねと一緒に飲みながら、
冬の午後の時間を過ごしました。

年末であることには基本的に無頓着なのですが、
やはり、「今は時の区切り」であるという感覚は僕にもあったのか、

“これからもずっと見ていてくれよ 俺もずっとあかねのことを想っていくから”

そんな、今更ながらな言葉を、改めて掛けました。



下界に生きたこの一年も、うつむきたくなることが絶えませんでした。
怒りを覚えたこともあったし、自分の情けなさに意気消沈したこともありました。

そんな時は、自分に言い聞かせるようにしています。

「わかってもらえない」ことがあっても嘆くな!
他人の目なんて気にするな!
人を傷つける人間に向けるのは、怒りよりも憐れみだ!

そして、そんなふうに折れそうな心をつなぎとめるのは、

“自分がどうしても叶えたい「切なる願い」の前では、
日々起こるいざこざや失敗ややっかい事なんて、
ほんとうにちっぽけなことだ”

という、絶対的な自覚です。

僕は、脇目も振らず想い続けなければなりません。
確証なんてなくても、強く強く、信じ続けなければなりません。

いつの日か、「再会」が叶うように。

僕には、瑣末なことに振り回されている暇はありません。


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

コメント:

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

はじめまして。
妻を亡くして約1年5か月がたとうとしています。
僕も妻も、せいじさんとあかねさんと同世代です。
いまだに、信じられない気持ちもあり、悲しさ・寂しさは
つのるばかりです。ときどき心臓のあたりが痛みます。

せいじさんのブログ、先月みつけて、過去の記事も全部
読ませていただきました。
どの記事も、僕の妻への想いと非常に近く、すごく共感します。
せいじさんは、気持ちを言葉にするのがとても上手ですね。
「そうそう、俺が言いたかったのはこういうことなんだよ!」って
思う言葉がたくさんあり、そのたびにメモに残しています。

これからも、お互いに「妻への想い」を大事にして生きていき
ましょう。ブログ更新を心待ちにしております。




12月25日に秘信をくださった方へ

12月25日に秘信をくださった方へ

コメントありがとうございます。

僕も、
この12月は仕事が繁忙期にあたり、
毎夜、アルコールを摂取しては、
3日に2日はベッドに辿り着くことができず、
リビングで
「落ちてます」。

以前だったら、

「アンタ、もう落ちてるやろっ!」

という声に覚醒して、
なんとかベッドまで辿り着いたのですが・・・。

でもね。

それを、寂しがったりはしません。

「昔だったら、こうだったのにな・・・」

という苦笑いとともに、

「すまーん、あかね。もう寝るよ・・・」

と、声を掛けてベッドに這いずり込むだけです。


彼女が傍にいないのは、
彼女のせいではない。

彼女は僕に声を届けたくても、
今はもうできないだけ。

だから僕は、

彼女の声を、
なんとか、心で聞き取りたい。

在りし日の彼女の声の記憶を、

僕は、
宝物のように大切にして、
記憶に留めて、

「今を生きる」

僕が、
僕として、
壊れないように、
あかねに心配かけないように、

強がってでも、

「ダイジョウブ!ダイジョウブ!」

という姿を彼女に見せていきたい。

・・・と思っています。


なんだか支離滅裂ですね。


僕たちは、
きっと、
導かれていると思います。

大切なあのひとを忘れない限り、
大切なあのひとが僕らを忘れない限り、

一緒に歩いていた頃と、

心のつながりは、

「何も変わらない」

はずです。

Re: No title

こうゆうさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

全記事を読んでくださったとのことで、
嬉しいやら、恥ずかしいやらで・・・

ともかくありがとうございます。


「妻への想い」

をいつまでもそっと抱きしめることができる僕たちは、
きっと、
それが、ひとときのことであったとしても、

「ほんとうのしあわせ」

を手にできた人間なんだと思います。

「しあわせ」

をもたらしてくれた、あのひと。

もう一度逢って、

どうしても

「ありがとう」

って伝えたい。


このブログの更新を心待ちにしておられるとのこと。

スミマセン!!

更新、遅いです。

でも、思い立ったら、
できるだけ素直に、誠実に、飾らず、
コトバを残していきたいと思っています。

これからもよろしくお願いします。
非公開コメント

お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR