スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

18回目の結婚記念日

Category : 吐息とも吐かないつぶやき

あかね

今年もこの日が来たよ。

18回目になるなー。

当然仕事は休みにしたよ。
いろいろ仕度もあるし。

ケーキと花を買いに出たついでに、18年前、ふたりが結婚生活をはじめた部屋まで自転車を走らせてみた。

近所にいっぱい新しい店が増えたなー。

スタバやイタリアンレストランやラーメン屋や、
高級そうなケーキ店(46歳の男がひとりでちょっと入りづらかったけど、今日はここでケーキを買ったよ)。
ハンバーガー屋や洒落たカフェ。

18年も経ったからな。

でも、あの部屋はまだあるよ。
あの時新築物件だったから、今は築18年。
まだ綺麗な佇まいだった。

すぐそばで部屋の大家さんが営業していた小さなクリーニング屋さんもまだあったよ。

新婚当時、このクリーニング屋さんに洗濯物をひとりで出しに行ったとき、

「可愛い奥さんだねぇー」
と大家さんに言われて、

照れ隠しに
「いやー、ふたつ歳上なんですけどねー」
と返したら、

「うそ!ほんとっ?!見えないねぇー」
と大家さん。

あかねには今初めて言うけど、大家さんとこんな会話をしたことを思い出したよ。
すこしは社交辞令も入ってたかもしれないけど、やっぱり悪い気はしなかった。


あれから18年も時が過ぎて、いろんなことが変化して、想い出も遠い昔のことになってしまったけど、
それでもって途中からは、住む世界が別々になってしまったけど、
今日が特別な日、
であることに何ら変わりはない。

きっと来年も再来年も、変わらない。
死ぬまで変わらない。

去年も書いたけど、
いつまでもあかねのことを想い続けられることを、
僕は幸せだと思っています。


あかね
これからも、
この日を大切にしていくよ。
オレにはその自信がある。




にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

関連記事

スポンサーリンク

コメント:

はじめまして。

こんばんは。
いつも拝見させて頂いてます。
私も去年の5月に最愛の妻を病で亡くしました。
年齢も結婚生活の年数も、姉さん女房だった点も似ています。
まさかこんな事になるなんて思ってもみませんでした。
20年近く一緒に居てケンカした事もなく、愛があるうちは新婚だからうちはまだ新婚だね。
なんて四十過ぎても言う可愛い人でした。
後何年頑張れば会えるんだろうと考えると気が遠くなります。
何であの時にこうしてあげなかったんだろう?
と後悔ばかりの毎日で。
もし妻が生きていたらこんな私の事は嫌いになっちゃうんじゃないかと思います。
いつかお迎えが来た時に妻に笑顔で「えいじ君、頑張ったね」と言って貰えるよう頑張らないといけないです。

あかねさん、凄く素敵な方だったんですね。
エピソードが書いてある時に、うちの妻と被って涙がでます。
なんだか長くなってしまいましたが、あまり頑張り過ぎないでマイペースでお過ごし下さい。
急に冷え込んできたので、天国のあかねさんに心配かけないようご自愛下さいね。








Re: はじめまして。

えいじさん

はじめまして
コメントありがとうございました。


生き残った者として、
先に逝ってしまったあのひとに、
何をしてあげられるだろう?
どうすれば微笑んでもらえるだろう?
どうすればまた再会できるんだろう?

そんなことを想い続ける一方で、

何をどうしたって、彼女の笑顔はもう見ることができない!
あの世での再会なんてあるわけがない!
・・・という底なしの虚しさを必死に書き消す。

この3年半余りはそんなせめぎ合い日々だったと思います。

そして、これからもそんな日々を送るのだと思います。

この先、確かに哀しみと虚しさをたずさえながらの人生になるとは思いますが、
でも、僕は、
妻と死別して、すぐに気持ちを切り替えて、さっさと再婚を考えるような人間でなくて良かった・・・
いつまでもあかねのことを想っては胸が締めつけられる人間で良かった・・・
と思えます。

15年足らずではありましたが、
こんなにも「かけがえがない」と思えるひとと一緒に人生を歩けたことに、僕はほんとうに誇らしさを感じています。

うまくいかない夫婦だっている。
いがみあう夫婦だって、憎しみあう夫婦だっている。

あかねと僕がそうでなかったことに、
いろんな価値観を共有できる夫婦だったことに、
同じことに心を震わせられる夫婦であったことに、
とても大きな幸運と感謝を感じます。

哀しさや虚しさが、そんな気持ちにくるまれた時、穏やかな心になれているような気がします。

なんだか、自分のことばかり長々と書き散らしてしまいました。
ごめんなさい。


「冬」をはっきりと感じるこの頃となりました。
お互い寒さが身に染みる境遇ではありますが、えいじさんのおっしゃるとおり、お互いの大切なひとに心配かけないよう、自らをいたわって凌ぎきりましょう。
非公開コメント

お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。