月命日〈3箇月目〉

Category : 吐息とも吐かないつぶやき

昨日、チラッと触れたとおり、今日は月命日の墓参りにあかねの両親と行ってきました。

朝起きた時から降っていた雨は、墓地に着いた午前9時半頃も降リ続いていました。

墓地に入り、遠目からあかねの墓石(正確に言うと先祖代々の墓石)に目をやると、真新しい花束が供えられていました。

きっと月命日にあわせて、あかねの友達が供えてくれたものだと思います。
正確な日にちは忘れましたが、あかねの葬儀の後、四十九日までの間に、7、8人の友達が連れ立ってあかねの実家を訪ねてきてくれました。
その時に、「お墓参りに行ってもいいですか?」とあかねの両親に訊ねていたと思います。



あかねの友達は、主に高校時代の友達です。
僕も何人かの方とは面識がありますが、その頃の友達ですから30年くらいの付き合いのはずです。

よく付き合いが続くな・・・。
とあかねの生前から感じていましたが、こういう事態になってみると本当にありがたいことだな・・・、
と思います。

彼女たちの胸の中でも、あかねは生き続けることができる。
あかねが生前に結んだ人とのつながりは、今もこうしてあかねを大勢の人の心で生かしてくれている。

通夜や葬儀には、友達はもちろん、6年ほど前に僕の転勤の都合であかねが退社した会社の同僚の方々や、病気を発症する前までパートに出ていた職場の方たちも大勢来ていただきました。

生前あかねがお世話になった皆さん、
いつまでもあかねのことを憶えていてください。
いつまでもあかねという人間がいたことを忘れないでください。

夫として心からお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

コメント:

非公開コメント

お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR