スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

月命日(43箇月目)・・・往生際が悪い

Category : 吐息とも吐かないつぶやき

墓参りのあと、あかねの実家で昼食を食べて、
あかねの両親との、なんとなくな世間話のなかで、

「僕の再婚を望む」

・・・ことを匂わすコトバが、両親の口から何度かこぼれました。

70を越えて体にいくつかの不安を抱えるふたりにしてみれば、
このままではいずれ老後を独りで過ごすであろう僕を、
心配してくれてのことだと思います。

「あかねのことは、ずっと胸の中にしまってくれていたらそれでいい」

という、率直なコトバさえ出ました。


それはそれでありがたいことです。


でも、

今の僕には、
そんな自分の将来を思い描くことは、

やっぱり難しい。



2011年4月19日。
あかねと僕の未来は、そこで断ち切られました。

その時、ふたりは80歳や70歳の老人ではありませんでした。

45歳と43歳でした。

もっともっと長い、ふたりの時間が残されていたはずです。
あかねはもっともっと命を燃やせたはずです。

病気さえなければ。

あの時の悔しさ。

いまでも受け入れられません。

あの悔しさを晴らすためには、
いつのことになるのか、どこの世界でのことになるのかわかりませんが、
もう一度、あかねに逢うしかありません。
そして、ふたりの続きの時間をはじめるしかありません。

僕は諦めが悪いのかもしれません。
めめしいのかもしれないし、往生際が悪いのかもしれない。
自分が勝手に創作した「再会」の物語に酔っているだけかもしれない。

でも、
そうしたかたくなな想いだけが、僕を突き動かして、今日や明日を生かしてくれています。
この想いが消えたら、僕はただの抜け殻です。


今朝、
あかねの夢を見ました。

あかねが二度目の手術を受ける・・・という夢でした。
(実際あかねが受けた手術は一度きり。その後は、とても手術に耐えられるような状態に回復するようなことはありませんでした。)

僕は、
あるはずのないことを、
あかねが元気になることを、
いまだに、
自分でも気付かない心の奥底で、
夢見ているのかもしれません。

僕は、ほんとに往生際が悪いんです。


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

コメント:

非公開コメント

お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。