月命日(35箇月目)・・・後悔の季節

Category : 吐息とも吐かないつぶやき

陽射しが高くなって、
晴天でも、空は真っ青ではなくて、霞がかっていて淡くくすんでいて、
梅の花が咲いていて、
墓地の木々からはウグイスの声が聞こえてきて・・・

完全に春が訪れました。

あれから、3度めの春になります。

春の空気に包まれると、3年前の記憶がことさら鮮明に蘇ってきます。

今日の月命日の墓参りのあと、
あかねの実家でお義父さんとお義母さんが、
普段は滅多にしないのに、
闘病中のあかねの話を、つぶやくように、ぽつりぽつりと、噛み締めるように話し合っていました。
ふたりも、春の空気に過去の記憶を掻きたてられたのかもしれません。

僕は、ふたりの話を聞きながら、
もう、辛くて、
一言も口を挟めませんでした。


“後悔”の念が滲み出た言葉も交わされました。

でも、いちばん“後悔”しなければならないのは、
僕です。

あかねのいちばん近くにいた僕です。

あかねが倒れて、医師から病名を告げられるまで、
あかねの変化を気付いてやれなかった僕こそ、
愚かな夫でした。

ただ一度だけ、あかねが倒れる以前、
あかねの下まぶたの辺りがクマがかっていて、プツプツと吹き出ものようなものもできていることが気になって、
「目の下、どしたん?」
と尋ねたことがあります。

「オバサンのただのシミよぉ」

あかねの冗談めいた返事に、

「ふーん、そんなもんなのかな?」
としか思わなかった僕。

あの時、
「病院で診てもらったら?」
とか、
「長いこと健診してないんだから、一回受けてきたら?」
とか、
の一言を掛けていたら・・・

ひょっとしたら、その後の僕等ふたりの人生は、今とはまったく違ったものになっていたかもしれません。


もう随分前のことですが、
僕がひどい腹痛を引き起こし、会社を休むことにした時のこと。
あかねに車を運転してもらって病院にいく道すがら、仕事の引継ぎをしたかったので会社に立ち寄りました。
あかねを車に待たせて、僕は引継ぎの打ち合わせのために会社に入りました。
その打ち合わせが少々長引いてしまい、ついにはあかねが僕の携帯に怒りの電話をしてきました。

「いつまで仕事やってんの!早く病院に行かんと!」

会社を後にしたその足で病院の診察を受けた結果、虫垂炎だと診断されました。
「すぐ手術します」
と医師から言われ、
「入院になるなら、一度ウチに帰ってきていいですか?」
と尋ねたら、
「いえ、すぐ切ります!下手をしたら腹膜炎を併発します」
と言われ、即刻手術台に載せられました。

僕の虫垂は破裂寸前だったようでした。

あの時、あかねが怒って電話してこなかったら・・・
僕の虫垂は破れて腹膜炎を引き起こしていたかもしれません。


今、この時のことを思い出すとき、
僕の気持ちは、後ろめたさと悔しさでいっぱいになります。

あかねの僕を心配する真剣さが、僕を大病の危険から救ってくれた。
それに引き替え僕は・・・。


もう、何を想っても、取り返しはつきません。

今の僕に出来ることは、
あかねに負けない真剣さで、あかねを愛し続けて、あかねが迎えに来てくれるような生き方をすることだけです。


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

コメント:

No title

こんにちは。

この間の地震は大丈夫でしたか?

自分の身体のことは、あかねさんが一番わかっていたと思います。
あかねさんが一番後悔してるはず。

せいじさんのお気持ちは痛いほどわかりますが、あかねさんのためにも、
どうか自責の念にとらわれることのないようお過ごしください。

あかねさんのことだもの。 最高の笑顔で迎えにきてくれますよ。

Re: No title

南さん

コメントありがとうございます。

あかねと僕の立場がもしも逆だったら・・・
自責の念を背負うあかねを見たら・・・
僕は、いたたまれなく感じるだろう、と思います。

その一方で、後悔を抱き続けることは、
「あかねに逢いたい」
「もう一度、あかねとやり直したい」
という願いの灯火を燃やし続ける燃料であることも確かです。

・・・不健全な心の構造だとは思います。

でも僕は、
哀しみや、憤りや、後悔が、消えてしまうことが恐い。
楽しみや喜びが、ささやかな感情になった今、
激しい哀しみや憤り、深い後悔さえもなくなったら、
僕は、なんら人間らしい感情を持たない無感動な人間になってしまいそうです。

「今」の自分の心の在り様を肯定しているわけではありません。
ただ一方で、「空っぽ」にだけはなりたくない・・・
「今」はそう思っています。

「今」・・・と書きましたが、
幸か不幸か、僕の人生はまだ続いています。
一日一日を積み重ねることは、あかねに一日一日と近づいていることと同義です。
そのことを噛み締めながら生きていくことができれば、
70歳になった僕は、
今の僕よりもずっと屈託がなく、安らいでいて、楽しさや喜びの感情を抱くことに素直になっている・・・
と思います。
それは、あかねのことが遠い記憶になっているからではありません。
45歳(もうすぐ46ですけどね)の時よりも、ずっとあかねに近づけたことを実感できているはず、だからです。

No title

はじめまして。ぴょんたと申します。

私は47歳です。
先月、同じように卵巣の癌の妻を看取りました。44歳でした。
悔しさ、本当によくわかります。
私も同じです。

妻は私の健康を、それはそれは気にしていました。
それにくらべ、私は、、、妻の病気が分かった時は、すでに同じようにステージⅣです。
だから、悔しくて、後悔しっぱなしです。

すみません、自分ことを書いてしまいましたが、
お気持ちわかるつもりで記載をさせていただきました。

私もYahooでブログ書いています。私は、妻の闘病を忘れないためにかいています。

Re: No title

ぴょんたさん

コメントありがとうございます。
承認と返信が遅れて申し訳ありませんでした。

そして、奥様のこと、
深くお悔やみ申し上げます。


「後悔」は、
たいせつなひとのことを、
つなぎとめておくための、
たいせつな、たいせつな、
感情だと思っています。

この想いがあるからこそ、

僕は、

「もう一度逢いたい」

という気持ちの灯火を燃やし続けることができる、
と思っています。

苦しくても、切なくても、

その想いを消さないでいれば、

いつか、
報いが訪れる、

と信じています。
非公開コメント

お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR