とても寒い日に考えたこと

Category : 吐息とも吐かないつぶやき

以前の僕は、夏と冬なら、
圧倒的に「冬」のほうが好きでした。

夏の暑さは苦手だし、アウトドアを愉しむ趣味もない僕にとって夏は早く過ぎ去ってほしい季節であり、
9月になったらいつも
「早く涼しくなってくれぇー」
なんてことを毎年考えていました。

一方の冬は・・・

身長176㎝、体重56㎏の僕には皮下脂肪というものが乏しく、寒さはそれなりにこたえるのですが、
冬の冷たくて凛とした空気には心地良さも感じていました。

外の寒さから守られた日当たりの良い部屋で、
あかねとふたり、ダラーっと過ごす休みの日は、
今思い起こしても、至福のひとときだったと思います。

昼間だったら温かいお茶を飲んで(あかねはコーヒーが好きで、僕は紅茶)、
時には、そのお茶と一緒にあかねが作ったお菓子がテーブルに並んだりして、
夜はふたりで鍋を囲んで(我が家は自称「鍋家族」というくらい、冬の夕食での「鍋率」が高かった)。

外の寒さと部屋の温もりとのコントラストは、僕にとっての「しあわせ」の象徴のひとつでした。


でも、
ここに至って、はっきりと自覚したことがあります。

それは、

「いまでは、冬よりも夏のほうが気持ちが楽だ」

ということです。

午前中でも午後のような黄ばんだ冬の陽射しに、気持ちを萎えさせるようになり、
クリスマスや年末年始といったイベントは、もはや何ら心を浮き立たせることではなくなり、
なんといってもひとりで過ごす部屋の中は、暖かくても今では「温もり」がありません。

いつしか、冬は、しあわせを象徴する季節から完全に陥落してしまいました。

夏の暑さを歓迎することは相変わらずありませんが、、
前職を辞めて一時収入が途絶えたのをきっかけに、電気代をケチってエアコンをあまり使わずにいたら、だんだんと体が慣れてきて、酷暑といわれた今年の夏も、あまりエアコンを使わずに凌ぎきれました。

暑くても食がすすむように「酢」や「生姜」を使った料理をいろいろと作ってみて、
暑い時期に美味しく食べられるレシピも覚えました。

夏が好きになったわけではありませんが、そんなに「苦」にならなくなったという実感はあります。

けど、そうしたことは僕の中で冬と夏の立場に微妙な変化が起こったことの、表面的な要因に過ぎません。

僕にこうした変化が起こった決定的な原因に気がつきました。

それは、

僕にとって、四季のうち「夏」だけが、
あかねの苦痛に満ちた表情と重ならない。

ということです。

あかねの癌は秋に発覚し、辛い闘病を続けた末、
翌年の春、あかねは安らかな世界へと昇りました。

あの年の秋から冬、そして翌年の春にかけて、
僕は絶対に見たくなかったものを目にして、絶対に聞きたくなかったことをことを聞かされました。

唯一、眩しい陽射しや濃い緑が溢れる夏の情景の中にだけは、あかねの辛そうな表情はありません。

「きっとそういうことなんだろうな・・・」

と思います。

決して、冬を毛嫌いするほどになったわけでもなく、来年から夏を待ち遠しく思うようになったわけではありません。
夏の季節でも、あかねのことを想わない日はもちろん一日だってありません。

ただ、夏に対して以前より抵抗感が薄らいだ・・・と感じたのは、
つまりそういうことだったんだな・・・。

とても腑に落ちる「気付き」でした。

そして、

もしかしたら、あかねが、
一年中辛いことを思い出させるのは哀れに想って、
夏だけは僕に残してくれたのかも。

そんなことも思ったりしました。


今日はとても冬らしい寒い日でした。
それでこんなことを考えたのかもしれません。



にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

コメント:

季節が過ぎていくのが、とても早く感じられます。

せいじさん、こんばんは。

私の住む町は雪が積もることがほとんどない所ですが、今朝は本当に寒かったですよ。
身長152cm・体重45kgの小柄な私は、冬の必須アイテムとして「使い捨てカイロ」を愛用しています(笑)
私は首の後ろから背中の辺りを冷やすと風邪を引きやすいので、自宅でくつろぐ時には、タ-トルインナ-やセ-タ-に貼りつけて首の後ろを温めています。
美容院で行ってもらう「ホットタオル」の感じなので、血行不良による肩こりや頭痛にもおススメです!
ただし、熱く感じたら速やかにカイロを取り外して下さいね!



あかねさんとせいじさんは、本当によく頑張られたと思います。
夫婦で歩んできた時間は、人生の宝物ですね。

私は8月がくると生きていくことの意味を見失いそうになります・・・
主人と出会ったキラキラ輝いていた思い出の夏が・・・

平成11年に生まれたばかりの赤ちゃん(長男)を亡くし、平成22年に最愛の主人を亡くし・・・8月がくると悲しくて、やりきれなくて、息ができなくなります・・・

平成23年の8月には、実母の乳癌が見つかり手術しました・・・

生きている限り、苦しみはつき物だとわかっていますが、大切な大切な人を失うのは、もう耐えられない気がします・・・

それでも、苦しみの中にいる時には気づかなかった、冬の寒さや夏の暑さを感じることができるようになったのは、心を癒してくれる「人の優しさ」のおかげです。

せいじさんのブログに出会うまでは、孤独でひとりぼっちでした・・・
コメントを寄せられる皆さんの心の優しさに、頑張っていらしゃるお姿に、生きる力を頂いています。
本当にありがとうございます。


今から電気屋さんに「電気毛布」を買いに行ってきま~す!
ぬくぬくベットで、まんまるネコになって眠ります★★★


歯科衛生士のAkiko★






Re: 季節が過ぎていくのが、とても早く感じられます。

歯科衛生士のAkiko★さん

コメントありがとうございます。

Akikoさんは、(ご主人のことは存じ上げていましたが)幾度もお辛い体験をされてきたのですね。

僕にはうかがい知ることができないくらいの、哀しみに耐えて今日まで生きてこられたんですね。

それでも、明るい語り口でコメントをくださったAkikoさんに、
僕は、
自分のボキャブラリーではお伝えしきれないほど、嬉しく、
そして尊敬します。

僕のほうこそ、ありがとうございます。


哀しくても、微笑んでいいんだと思います。

大事なあのひと(あるいはあのひとたち)は、それをゆるしてくれると思います。

だいいち、
微笑むことを忘れてしまったら、
今度逢ったときに、上手に笑えないかもしれません。
僕は、彼女に今度逢えたら、笑って逢いたいです。
(でも、きっと泣きじゃくるだろうな・・・でも、それもまた、あのひとはゆるしてくれると思います)

「また、逢って、一緒に過ごしたい」
と思ってもらえる自分でいられるように、
干からびた人間にならないように、
これから先、生きていきたい。

Akikoさんのコメントを読ませていただいて、
あらためて、そう思いました。


僕の住む街も、本当に冷たい風が吹く寒い日でした。
今夜は電気毛布にくるまって、
いい夢を見てください。
非公開コメント

お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR