涙の理由

Category : 吐息とも吐かないつぶやき

人が泣く理由。
たくさんあると思います。
嬉しい時、とても感動的な話に心を振るわされた時、
そして悔しい時、哀しい時・・・

あかねと二人で暮らしていた頃、僕は悔しかったり哀しかったりして泣いた記憶はありません。

でも、今、堪えきれず泣いてしまう時、その理由は悔しさや哀しさ以外の何ものでもありません。


あかねは闘病中に、僕の知る限り2度涙を流しました。

そのひとつは、以前このブログでも書き残しましたが、あかねの母親のことを思いやっての涙。(→関連記事はコチラ)

もうひとつは、2回目の入院の時。
あてがわれた病室の近くにお産のために入院している方が多く(産婦人科のフロアなので・・・)、
新しく生まれた命が発する泣き声を聞きながら、

「幸せな入院もあるんだね・・・」

というつぶやきとともに流した涙。

あかねらしい優しさと、自分の想いだけではどうにも克服しきれない悔しさが滲み出た涙でした。


2回目の涙は堪えました。

僕は、

「あかねが退院できたら、俺らだって幸せになれるんやで」

と声を掛けるだけで精一杯でした。



この夏、スポーツの感動的な場面に感涙した人も多かったと思います。

歓喜や感動で涙を流せることは「幸せ」のひとつの指標のような気がします。

僕も、努力の果てに勝ち取った結果に純粋に心の高揚を感じることはありましたが、「感涙」とまではいきませんでした。
やっぱり、あまりに重たい現実に感受性が貧しくなっているのかもしれません。
精神的にフラットでないと、「歓」や「喜」への反応が乏しくなってしまいます。


僕は、あかねの病気が明らかになってから2年近く経ちますが、あかねの外科手術が成功した時の唯一の例外を除いて、悔しさや哀しさ以外のものが涙の根拠になったもことは一度もない。


「嬉しさや感動のあまり泣きたいなぁ。」

と思います。

そうしたら、きっと僕がそれなりに立ち直ったサインだと思います。

でも、今のところそんな場面は、あかねとの再会を果たしたその時以外にイメージすることができません。

そしてその時、彼女も久し振りに「嬉し涙」を見せてくれると思います。

あかねの屈託のない泣き笑いの顔、見たいな。


【追記】
8月23日に拍手コメントを寄せてくださった方へ。
ご自身もお辛い日々を送られている中で、励ましのお気遣いありがとうございました。
コメントのお言葉を励みに頑張ります。


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

コメント:

No title

あなたのブログを拝見してると
まるであなたが私の気持ちを代筆して下さっているかの様で
驚かされます。

私の妻も婦人科系の癌で、
やはり同じ病棟にお産のために入院されている方の部屋もありました。
亡くなる一週間ぐらい前の事ですが
眠れない彼女が「散歩に連れて行って欲しい」と言うので
深夜の病院内を車椅子に乗せて散歩に出かけました。
一頻り病院の周りと病院内を散策した後
また彼女が「赤ちゃん見にいこか」と言うので新生児室へ

看護士さんは私達の訪問に何かを感じてか
新生児室のカーテンを開けて下さり、生まれて間もない
スヤスヤ眠ってたり泣いてたりの赤ちゃん達を
ガラス越しに見る事が出来たのです

うつろな目で彼女がポツリと かわいいなぁ・・・

そやなぁとなんとか声に出して答えるのが精一杯の私・・・

今まさに生を受けた者と、その生を終えようとする者が
向き合ってる この空間が、
本当は神聖なはずのこの空間が、私には地獄に思えました。


涙の理由・・・私が涙を流す事なんて妻が死ぬまでほとんど無かったなぁ
でも妻を亡くしてからの二年と四ヶ月 
一生分て言っていいほど泣きました。
それはやはり悔しさと自責の念からです。
まだまだ枯れそうにないですが、

せいじさん
お互いに、あかねさんや妻の分まで生きて、生きて
色んな嬉しい事、悲しい事 感動した事を
これからの涙の理由にして行きましょう。
そして、あちらに逝ってから二人に笑って報告しましょう。

なんか、ここにたどり着いたのも
あかねさんと私の妻が導いてくれたような気がします。
二人は既にあちらで仲良くしてるのかもしれませんね。


これからも応援しています。



Re: No title

あとむさん

コメントありがとうございます。

死別経験者の体験は千差万別だと思いますが、それでも相通じる思いは多分にあるようです。
このブログにも共感を抱いてくださったとのコメントを何度か頂きました。

あの時以来、いろいろと声を掛けてくれる人がいました。

でも、ともすれば、非経験者からの慰めや励ましが、かえって気持ちを萎えさせることもありました。
イラ立ちさえ覚えることもありました。

そして、そんな感情が自分を「孤独」に追い込んでいた気もします。


このブログで同じ経験をされた方々からの言葉は「スッと」心に浸みます。
孤独感を和らげてくれます。
それだけでも、このブログを始めたことには意味があったと思っています。


> なんか、ここにたどり着いたのも
> あかねさんと私の妻が導いてくれたような気がします。
> 二人は既にあちらで仲良くしてるのかもしれませんね。

↑こういうイマジネーションはこれまで湧きませんでした。
とてもワクワクする話です。
天国に引っ越した人たちは、そこで新しい友人を作っているのかもしれません。
あとむさんの奥様とあかねはきっと気が合うと思います。

夏も終わるのですね・・・

せいじさん・・久々に書き込みさせていただきます。
主人を亡くしてもう二回目の夏がすぎました。
去年は・・・花火を見ることもできずに・・
いや、もう花火なんて楽しむことができないと感じたまま
ただ・・時間が過ぎるだけの夏でした。

音楽を聴くのも、ふと彼との日々を思いだして
どうすることもできない寂しさが湧き上がってきて・・
聞くことさえできないでいました。


少しは楽になったつもりで・・いたのに。
時折どうしようもない想いに、押しつぶされそうになったりします。

時間が経つにつれ、現実なんだということにどうしようもない不安を覚えます。

これから先の人生を・・どのように生きていこうか・・
心からの笑顔で過ごすことができるのか。

たったひとり残され、あの安心感に包まれた日々に戻りたくて戻りたくて・・
焦りのような・・
諦めのような・・
何とも言えない気持ちになってしまいます。

せいじさんのブログを読ませていただいたときから、
とても強いシンパシーを感じて書き込まずにはいられませんでした。

時折このブログのことを思い出しておりましたが、
今の苦しみに向き合うことを避けようとする自分もいました。


9月は彼の誕生日です。
去年と何も変わらない私。
仕事を始めようと思いながら・・
何もできずにいる私をどう思っているのか。

いつになったら、心の底から笑えるのかな・・・

何か一つでも・・よくやったねって言われる自分になりたくて
バランスのとれた食事を心がけるようにしています。

一人になってから、今年の春までは
買い物、料理が虚しく・・
おろそかになっていました。

どんどん彼がなくなった年齢に近づいていきます。

心が苦しくなったとき・・
このブログがわたし心をそっと支えてくます。











Re: 夏も終わるのですね・・・

pinocoさん

こんばんわ。
コメントありがとうございます。

> 時折このブログのことを思い出しておりましたが、
> 今の苦しみに向き合うことを避けようとする自分もいました。

僕自身も逃げているような思いに襲われるときがあります。
あかねのその後をイメージできるのでは?と思って買ったE・キュープラー・ロスという精神科医が書いた『「死ぬ瞬間」と死後の生』という文庫を読み始めて、すぐに部屋の隅っこに追いやりました。

向き合うことが怖くなったのです。

> 心が苦しくなったとき・・
> このブログがわたし心をそっと支えてくます。

ほんとうにそんな作用があるのだったら嬉しいです。


あの日から一年と四ヶ月あまりの月日が過ぎました。
なのに、この胸の苦しさは何なんだろう?

朝、覚醒した時、うとうとした思考の中で必ずあかねのことを想います。
そして、「この世界のどこを探しても、あかねを見つけることはできない」という現実を思い起こして、絶望に襲われます。

このブログは、こんなヘロヘロな男が、「誰か聞いて欲しい!」と切羽詰って始めて、未だにその主旨を貫いている管理者本位のブログです。
ご覧になられる方のなかには、「情けない」とか「引きこもり」とかの批判的な眼差しを向ける方もいらっしゃるでしょう。
あるいは、シンパシーと同時に辛い記憶を呼び起こしてしまうかもしれない内容に、敬遠されてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

でも、僕は自分以外の誰かのためにこのブログを始めた訳ではありません。
これからも、胸の底から外に出したいことをまんま綴っていきます。

自分の気持ちに誠実に書く、ことしかできません。
こんな自分本位のブログに飾った文章を書くことに意味なんてありません。

そんな感じでこのブログは続いていきます。

僕の泣き言が、ひょっとしたら誰かのさげすみを誘うことがあるかもしれません。
でも、僕の正直な心の機微を表現することが、誰かのシンパシーを呼び起こして「孤独感」を和らげるかもしれない。
それは、読んでくださる方々にゆだねます。

無責任感まるだしですが・・・
今回のpinocoさんのコメントように受け取られていたとしたら、思いがけず本当に嬉しいです。
ほんとうにコメントありがとうございました。

No title

他人は・・時間が経つにつれ、悲しみと涙は減っていくと思っているんですねー・・。確かに涙の量は減ったかもしれないけど、涙の質は変わってないし、悲しみ自体も減ってはいないです。
大切な、この世にひとりきりの配偶者を失った気持ちは、同じ経験をした人でないと分からない。残された者の心のうちは、他人には永遠に理解できないんでしょうね。
9月になりましたね。
壁にかけたカレンダーをまた一枚はがし、残り少なくなってゆく月の数。
でも、心のカレンダーはパパが亡くなった1月のままです。
めくることができません。

立ち直れないことを、涙を止められないことを、世間に責められているような、進歩のない自分のふがいなさを、自分でもわかっていながら、でも
どうしようもできないでいるとき、むらさきさんのブログを読むと
自分の心に素直に向き合うことが出来るのでした。

pinokoさんのコメント・・まるで、うらんの気持ちそのまんまなので、
驚いています。

Re: No title

うらんさん

コメントありがとうございます。

開けっ放しの窓から漏れ聞こえてくる音が、
カエルの「ゲーコ、ゲーコ」という鳴き声から、
「リー、リー、リー」という虫の鳴き声に変わってきました。

また季節が変わろうとしています。

時を経ても、変わらない感情。

でも、ほんの数ヶ月や、一年ちょいで立ち直ろうなんて思いあがりなのかもしれません。
喪ったあの人は、そんな軽い存在じゃなかったはずです。

今日も泣き言といわれても仕方がない記事をアップしてしまいました。

けれど、やっぱり、
見守ってくれるあの人には、僕は微笑んで欲しいから、微笑んでもらえる自分になりたい。
それが唯一彼女に報いることだろうから。

今現在、僕は彼女に心配を掛けてしまうような状況にあります。
不甲斐なく思っています。
今を何とか突き抜けたい。
理由はひとつだけ。
世間的な声は関係なく、
あかねに「ほっ」として欲しいからです。
非公開コメント

お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR