あかねを迎える準備

Category : 吐息とも吐かないつぶやき

今日、あかねの実家で盆棚を作りました。

床の間にあつらえた盆棚を眺めると、去年のお盆のことも、ついこの前のことのように思えます。

時間は確実に過ぎています。
でも「心」は、着実に針を進める時計のようには進んでいません。
いつまでも、立ち止まっているような気がします。
時間の経過に追いついていけない自分が情けなく思います。

「あかねのためにも、決して人生に投げやりにならないで欲しい」

あかねの義父さんにも、喝を入れられました。


たとえ途中経過でもいい。
目線を上げようとする姿勢を、あかねに見せたい。

あかねを迎えるためにいちばん大切な準備は、僕自身の心の有り様です。


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

コメント:

No title

私も迎えの準備をしました。
あ~誰の為の祭壇なんだろう~って想いながらも・・去年より慣れた感じで組み立てました。

未だに自問自答しています・・・。

現実を受け入れられてないからです。居ないわけがないって・・今でも信じられない。

ほんと、時は過ぎていますね。

Re: No title

serenaさん

コメントありがとうございます。

大切なあの人は、姿は見せてくれないし、声も聞かせてくれない。

でも、僕らはあの人のことを想って、胸を痛めたり、懺悔したり、声を出して語りかけてみたり、無事に帰ってきてもらおうとお盆の準備をしたり・・・

そんな感情を抱くのも、行動をとるのも、
どこに居るのやらわからない「大切な人」の「存在」を信じてやまないからだと思います。

人間とはつくづく哀しい生き物だと思います。
非公開コメント

お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR