厳しい寒さが長らく続きましたが、ここ数日は、刺すような冷気も少し緩んだような気がします。

昨年11月、結婚記念日にアップしてから、
冬眠でもするように、なにも書けない日々をズルズルと送ってきました。

今日は19日。
月命日の墓参りにおもむくと、太陽の光線は白く眩しくて、風が止めばぬくもりさえ感じて、
それで
゛そろそろ、起きるか・・・゛
という気持ちにもなったので、この記事を書いています。

あかねがいなくても、太陽は昇って沈む。
もうじき丸6年が経ちます。

今日(気が付いたらもう昨日になってしまっていた)、七回忌は4月19日に執り行うことをあかねの両親と確認しました。

僕は、生きて、
きっとその日を
迎えるだろう。

この6年間、自分なりに頑張ったつもりです。

あと何年、
あとどれくらい、
あてのない毎日を繰り返していけば、
辿りつけるのだろう?

歳を重ねるごとに、気力も体力も削られてゆく。
今朝なんて、右足のふくらはぎから太ももの裏がつって、その痛みで眼が醒めた。

この先、時間の経過とともに、
ただ生きているだけのことにさえ、
わずらわしい身体的なメンテナンスを必要としていくだろう。

もう、いらないのだけどな・・・。

自分の命を繕う、めんどくさいあれこれに、労力を注ぐモチベーションはありません。

春という季節は、終末感に襲われる。
自分の「終わり」をも期待してしまう。

そんなことじゃいけないことも解っているつもりだけど・・・。


早く、余計なことを考えることも出来ないような、
暑い夏がこないだろか。
あかねの苦しむ顔と、唯一かぶらない、夏がこないだろか。


久方振りの近況報告が
こんな感じで面目ありません。

こんな時期もあるさ・・と
自分には言い聞かせて、
また明日も、あかねに一歩近づくべく生きてみます。


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR