先回のブログでブルーデージーとローズマリーを鉢植えしたことを書きましたが、
じつは一足早く、二十日大根(ラディッシュ)の種も蒔いていました。

なぜ故二十日大根か?
といえば、言うまでもなくあかねがベランダで育てていた野菜だからです。

昨年も二十日大根の種を蒔いてみたのですが、引越し後なかなか落ち着かず、蒔き時が遅れてしまったためか、ひょろひょろと背丈が伸びるだけで実は膨らんでくれませんでした。

今年は早めに種を蒔き、そして今日、3株だけですが収穫しました。

20140430.jpg

実は小振りですが、とりあえず初めての収穫です。

僕の料理の先生である「クックパッド」を参考にして、鶏のささみとのサラダにしました。
味はともかく、やっぱり見映えとして「赤」が効いてます。

20140430_2.jpg

まだ鉢に株は残っていて、今日収穫したスペースには新たに種を蒔きました。
しばらく、料理の彩に役に立ってくれそうです。


あかねも自分が育てたラディッシュの写真を残していました。

06062602.jpg

撮影日は2006年6月26日になっています。
あかねは嬉々として写真を撮り、夕食に出してくれたと思います。
僕の知っているあかねは、きっとそうしたはずですが、正直にいうと、僕にその記憶は残っていません。
その頃の僕にとっては、仕事に追われていた日々の中に埋もれてしまうほどの、ありふれた出来事のひとつだったのかもしれません。


日々の些末な心配事はあっても、ほんとうに底の知れない不安や悲嘆を知らなかった頃・・・
つくづく、「無自覚な幸せに浸っていたんだなー」と思います。

今、そんなことは起こるはずはないのですが、
8年前と同じように、ふたりの部屋のベランダで採れた野菜を使って、あかねが夕食を作って出してくれたら、
・・・それはもう大イベントとしてふたりで盛り上がれたでしょう。

深い哀しみを知ることで、その対極にあるほんとうの「幸せ」や「喜び」の貴さを知る。
でも、ほんとうに理解した時には、「幸せ」や「喜び」を僕はもうこの世界であかねと分かち合うことはできない。
・・・僕は愚かです。

けれど、今の僕は、以前の僕よりも「貴いもの」「かけがえのないもの」とは何なのかが解っています。
さきほど、「この世界で」と書きました。
そうです。
相も変わらず僕は、「次の世界」があることを心より祈っています。

哀しみの果てに、真の「幸福」や「喜び」を知った僕は、
以前よりももっと、あかねを大切にすることができるだろう。
以前よりももっと、あかねを優しく包めるだろう。
以前よりももっと、あかねと幸せを分かち合えるだろう。
次の世界で、僕は、僕にとっていちばん大事なひとと、この世界で失ったものを取り戻してやります。


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR