今日2月26日はあかねの誕生日。

以前あかねの父親に、“もう〈誕生日〉でなくて、正しくは〈生誕〉と言うんだ”と教わりましたが、
〈生誕〉だとなんだかあかねのことを「過去のひと」のように扱っているような気がするので、やはり〈誕生日〉という言葉を使いたいと思います。


あかねが、重苦しいからだから解放されて、羽を生やして天使になってから三回目の誕生日。
これからシャワーを浴びて、
去年、一昨年と同じように、あかねにケーキと花を供えて、
あかねはワイン、僕は今日のためにとっておいた第三のビールではなく正真正銘のビールで誕生日の夜を過ごします。
生まれてきてくれたこと、ある時期僕と一緒に歩いてくれたことをあかねに感謝して、
そして、これからもあかねのことを一生想い続けていく約束をしよう、と思います。

今日は曇り空でしたが、風がなく外出するのが苦にならない日でした。
昼間、ケーキと花を買いに行くついでに、少し遠くまで散歩しました。
近くに大きな川が流れていて、その河川敷を歩きました。
河川敷に沿って長い桜並木があって、蕾をつけていました。
あと1箇月もしたら咲き始めるかもしれません。
そして、その桜が散ってしまう頃には、あかねが空に昇ってから丸三年になります。


あかね、もうすぐまた春が来るよ。

今度ふたりで、なんの不安も哀しみもなく桜を眺められるのはいつのことになるだろう?
僕の目の前で、あかねがケーキの蝋燭の火を自分の息で吹き消してくれるのはいつの日になるだろう?

でも、いつかきっと「その日は来る」。
その日が来るまで、あなたのことはずっと忘れない。
あかねも、今度逢う日まで、オレのこと覚えていてくれよ。

20140226.jpg


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR