上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日々哀しい。 日々寂しい。

それが当たり前のことになって、かなりの時間が経過しました。

もはやそれは、根雪のように溶けることのない、僕の心にこびりついてはがれない、僕の存在の一部として「普通」に「在る」ものとして定着しています。

確かに毎日、彼女のことを想っては、哀しんで、寂しさを嘆く。

でも、2年7箇月の時間が通り過ぎた今、それで心が張り裂けるわけでもなく、泣き叫ぶわけでもない。

「あかね、今頃どうしてんのかな?」

と、彼女の「今」に想いを巡らせては、それを確かめるすべがないことに我に返り、ため息をつくだけ。

あかねの姿を、今僕が見ている風景の中に浮かび上がらせようとして、懸命にイメージして、その姿を描けたとしても、それはイメージでしかないことに虚しさを覚えるだけ。

ただただ、静かに噛み締めるだけです。

いっそ大泣きできたら・・・と思います。

あかねのことを想って涙が出ないほどに、
そんなにあかねは遠ざかってしまったのか?

そんな気配を自分の中に感じて、それが哀しくて・・・苦しい。

「歓び」や「楽しさ」は、とうの昔に放棄しました。
今は、
「哀しみ」だけが、
自分が生きていることを強く実感させてくれる感情なのに・・・
それすらもおとなしくなっている。

僕は、自分自身の感情が、少しずつその力を失っていくことが怖い。
いろんなことを「あきらめ」て、自分が傷つかないように、無機質になっていくことが怖い。


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。