上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悪い予感はだいたい当たるもんです。

前回の記事に記したように、生活がすっかり落ち着いて、静寂に包まれた日常が訪れた途端、

あらためて哀しみと虚しさにくるまれる時間が訪れました。

まだ陽のある時間に帰宅し、

食事の準備をして、

入浴し、

仏壇に蝋燭と線香を灯し、

愛しい人に語りかけ、

ひとり、アルコールを摂取しながら、食事をして、

「あかね、もう寝ようか・・・」

と、ともにベッドに入るように促して、

一日を終える。


サッカー日本代表がワールドカップ出場を決めた試合。

以前なら、一瞬も見逃すまいとテレビの前で目を凝らしていたはずなのに、

HDDレコーダーのダイジェスト再生機能で、なんの感慨もなく結果を確認。

僕もあかねも好きだったミステリ作家の最新文庫を読み始めても、のめり込むことができず、うつらうつらと眠りの底に堕ちていく始末。

仕事への意欲も、変に慣れてきたせいか、湧き上がらず・・・

どんなに、前向きに人生に挑んでみようとしても、

以前ならアドレナリンを大量に分泌していたことに、冷めた反応しかできない。

歓びや楽しさを分かち合う人は、いない。


でも、これは僕に課せられた永い永い旅路のほんの一部。

わかっている。

風が光にかわるのは、僕が死んだ時。
そして、元気な姿のあかねに逢えた時。

その時まで、
僕は、冷たい風が吹こうが、肌を叩く雨に降られようが、どうしても逢いたいそのひとのもとに辿りつくための旅を、歩みを止めることなく続けるだけです。


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。