独りぼっちになってから、
それまで抱いていたあらゆることから興味が失せていきました。
サッカーや、小説や、音楽や・・・

それでも、
10代の頃から大好きな、
このブログのタイトルにも彼の詩を引用した、
ある日本人の詩人が歌う唄には、未だに、やはり惹かれていて、
以前ほどにはないにせよ、新しい唄が届けられれば聴きたい、
という気持ちは萎えませんでした。

僕がその唄を聴いたのは4月の末だったか、5月の初めだったか・・・
正確には覚えていません。

その唄を含むCDアルバムがリリースされたのは今年の3月ですが、
引越しを控えていた僕は、
“落ち着いてからゆっくり聴こう”
という想いから、発売直後にCDで購入はしていたものの、
CDトレイに乗せるのを先延ばしにしていました。

そして、
引越しに一応の目処がついた頃、
ようやくCDのパッケージを解いて・・・

以来、毎日聴いています。

それは、
とても“聴き流す”ことができない、
決して“BGM”になり得ない、
ある曲が収められているからです。

その唄はこんな詞で始まります。

20130628.jpg

今、共に日々を重ねている“ふたり”への、
人生を共有することの貴さを連想させる始まり。

でも、曲の中盤、次の一節で、僕のこの曲に対する印象は少し色合いを変えます。

20130628_2.jpg

あの頃の自分と同じ。

彼女のために何でもしたい、
と想いながら、結局何もできなかった悔しさが蘇る。

そして、この曲が、
今現在を一緒に生きているふたりの曲のようでいて、
実は、
違う世界に生きるふたりのことをも唄っているような、
そんな気がしました。

さらに、曲の中盤から終盤にかかるあたりのこの歌詞、

20130628_3_2.jpg

引越しを終えたばかりの僕に、
この一節がどれほどリアルに響いたことか・・・
想像してもらえるでしょうか?

そして、
この曲が、
先立ったものと、
残されたもの、
そんな“ふたり”の曲でもあることを確信しました。

20130628_4.jpg

曲はこんな言葉のリフレインで、
とても綺麗なピアノの旋律とともに終わっていきます。

この唄を発見して以来、
毎日聴いて、

“私たちはずっと共にいる”
の一節をスピーカーから流れてくる音とともに口ずさんでいます。

とてもシンプルだけど、
僕にとって、ただひとつの願望、
を言い表したコトバ。

以前とはカタチが違うけど、
僕が生きて、
彼女のことを毎日想っていれば、
彼女は生きている。

そして僕も、
もう一度、以前のように彼女の髪に触れ、肌に触れ、
鼓膜に響く声を聞きたくて、
彼女の住む場所に逝きたいがために、生きている。
いや、生かされている。

過去とは違う現実に置かれて、
でも、
ふたりがそれぞれを補いながら、
確かに、
“共にいる”


もうひとつ。
歌詞の順序は前後しますが、
曲の中盤、心に留まったあるワンラインについても触れておきます。

20130628_5.jpg

これこそ、僕が達成したいこと。
今、あかねが住む世界で築きたいこと。


「とても好きな曲」
というのとは違います。

切ないし、哀しいし・・・

でも、引き寄せられて、離れられない。

「とても大切な曲」
「とても切実な曲」
です。

この唄とは一生付き合っていきそうな気がします。

この唄に敬意を込めて、歌詞の表示は僕自身の手書きにしてみました。

唄と演奏は、
佐野元春&THE COYOTE BAND
曲のタイトルは
「詩人の恋」
です。

今年の3月にリリースされた「ZOOEY」というCDアルバムの9曲目に収録されています。
この曲全編を聴取できるサイト・ページはweb上にはないようです。

ちなみにそのアルバムで、「詩人の恋」から一曲挟んだ11曲目「食事とベッド」という曲の出だしは、

20130628_6_1

です。

これは、僕が死ぬその日まで、毎日自らに問いかけ続けることです。


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR