今の仕事の良いとこのひとつ
は、休日がシフト制でウィークデイに休めることです。

したがって、毎月19日が何曜日であろうと事前に調整しておけば、月命日当日に墓参りを遂げることができます。

と言うことで、今日休みを取って墓参りに行って来ました。


今回は僕の両親が出てくることができず、あかねの両親と三人での墓参りでした。

寒さも手伝ってか、墓地の急坂を登り降りするあかねの両親の足元は不安定で、下り坂では二人手に手を取り合ってそろそろと歩を進めていました。


あかねは手をつなぐことが好きで、二人で歩く時、よく僕の左手を捕まえようとしました。

でも僕は僕で、40を過ぎた夫婦が人前で手をつなぐことが恥ずかしく、しばしばあかねの右手から逃れようとしました。

けれど、今は素直こうに思います。

40を過ぎても、夫婦が人前で何の照れもてらいもなく手を取り合えることが、どんなに素晴らしいことか。

考えてみれば、人生のうちで手をつなぐ相手なんて、それも求めてつなぐ相手なんて数えるくらいしかいないように思います。
そして、なんの躊躇もなく自然に手を取り合える相手がいることは、幸せのひとつの指標でもあるように思えます。


あかねの小さな右手の感覚はまだ僕の左手に残っています(・・・と信じています)。

一緒に行ったスーパーで、ゴールデンウィークに行った旅先で、
入院中のあかねが、帰宅する僕を見送るために二人で歩いた夜の病院の廊下で、
あかねの快方を祈願しに行った近くの神社の2年前初詣で・・・

左手に掴んだあかねの右手の大きさ、肌の感触をイメージすることができます。


そして、あかねと最後に手をつないだ時の記憶・・・

それは、鎮痛剤を投与され意識がなく、いくら握りしめても握り返してこなかったあかねの手、です。
あんなに僕の手を捕まえようとしてくれたあかねの手が、手を離してもピクリとも追っかけてきませんでした。
離したあかねの手は、力なくベッドのシーツに沈むだけでした。

今これを書きながら、ほんとに記憶がリアルに蘇ってきて、たまらない気持ちになりました。


あかね、手をつなぐことを恥ずかしがって拒んだ俺を許してくれ。
いつか、いつか、また二人で手をつないで歩かせて欲しい。

今は僕が、手を伸ばしても届かないあかねの右手を追い求めています。

20020815.jpg
10年前に撮影していたあかねの手。こんなにも早く届くこと
のない手になるなんて思ってもみなかった。


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR