こんなブログを発信していると、時折、同年代で伴侶をなくされた方からのレスポンスをいただくことがあります。
そして皆さんが、それぞれに苦しみ、もがき、悲しみ・・・これからの自分の人生を模索されています。

白状すれば、これからのことについて建設的な考えを巡らすより、出てくる感情に流されて時を無為に過ごしてしまうことの方が圧倒的に多いのですが、今回、頂いたコメントに返信コメントを書いているうちに思わず長文になってしまい、なおかつ今自分が感じていることが具体的な形らしきものを成してきたので、本文としてアップすることにしました。


これは僕の主観なのですが、あかねを喪ったことで渦巻いた感情すべてから解放されることは一生無い、と思います。
だから、無理やり感情を押し殺すのでもなく、忘れ去るのでもなく、「つき合っていく」というスタンスを取らざるを得ない、と思います。
悲しさを抱えながら、それでも人間としてのバランスを保つには・・・?
これはこれで相当な難問です。
心のやじろべえの片方には「悲しみ」という重ーーーいおもりがぶら下がっています。
やじろべえの均衡をとるには、「悲しみ」の量に見合うだけの感情を吊り下げなければなりません。

僕に限って言えば、悲しみと張り合うための感情に「楽しみ」はどうも入りそうにありません。
妻を送って以来、「楽しい」という感情が心の底から湧き出でてきたことはありません。
そしてこの先も、なんの屈託もなく「楽しい!!」と弾けるような感情を持つことはないのではないかと感じています。

そこで候補に上がるのは「喜び」です。
身近な人が(別に身近でなくてもいいですが)、幸せになることを喜ぶ。
他人に感謝されて喜ぶ。
新しい知り合いができて喜ぶ。
ベランダに植えた花が咲いて喜ぶ。
たまねぎをじっくり炒めて作ったカレーがとても美味くて喜ぶ。
・・・などなど

「楽しむ」よりは少々控えめな感情だけど、それがいちばん素直に持つことのできる、心を豊かにしてくれる、悲しみに対抗できる感情だろうと思っています。

そのためには、人と関わることだろうと思います。
僕はあかねを喪った直後からしばらくの間、もう極力他人とは関わりたくなかった。
煩わしい人間関係や、残念ながらすべての人が思慮に満ちて思いやりを持った人ばかりではない世間からできるだけ遠ざかりたかった。

でも今、引籠りのような日々を過ごしてみて、やはり「喜び」は自家発電できない、ということを思い知りました。
悲しみは独りでもどんどん湧き上がりますが、「喜び」といったポジティブな感情に包まれるのは他人との関わりがあってこそだと気付きました。
先に挙げた喜びの例には、他人に関わりなく自己完結できる「喜び」もありますが、独りきりだと瞬時に萎んでしまいそうです。
でも他人と共有すると、感情の量も賞味期限も膨らみそうです。

経済的な理由ももちろんあります。
周囲の人やあかねを安心させたい、という思いも強くあります。
でも、前の仕事を辞めて最初はのんびりしていた(精神的逃避をしていた)僕が、今、社会復帰を望むいちばんの理由はこんなところにあると思っています。


今回は理屈っぽい内容になりましたが、最後に本音の本音を・・・
きっと僕が残された一生でいちばん喜べるの時は死の間際に間違いありません。
その時僕はこう思うはずです。

「あぁ長かったけど、やっと逢いにいける。」


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR