上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あかねが植えたベランダの小ネギが今年も芽を出しました。


あかねは、ベランダでローズマリーやブルーデイジーや小ネギを育てていました。

でも、一昨年の秋から、あかねはほとんどこの部屋で暮らすことができなくなり、僕もまた、ベランダの植物達に気を配ることができませんでした。

そのうち春になって、それまで世話をしてくれていた人が永遠にこの部屋に帰ってこれなくなり、一人残された腑抜けの住人も相変わらず植物達に手を掛けてやることがなかったにもかかわらず、去年はローズマリーと小ネギが自力で青々と育ってくれました。
(ブルーデイジーは腑抜けた住人のせいでついに枯らしてしまいました)


それからまた一年近くが過ぎ・・・

このところ暖かい日が続いて、春の訪れを意識したせいか、急にベランダの小ネギとローズマリーのことが気になりはじめ、細かく観察したところ、ローズマリーはかなりカラッカラになりつつあり、小ネギもまた枯れた体を鉢に横たえていました。

かわいそうなブルーデイジーの二の舞を踏んだら、あかねが悲しむ!

急いで鉢の植え替えをし、日当たりの良い場所に移動させ、以降毎日見守っていました。

そして数日前に、小ネギの鉢に小さな緑の芽を発見しました!
(下の写真は今日現在の様子です)

20120331_1.jpg



「あぁー、何とか命をつなぐことができたー」


ずいぶんほっとしました。

植物とはいえ、あかねが撒いた命をつなぎとめることができて、ほんとうに安堵しました。
なんだか、これを枯らしてしまうことは、あかねの魂が宿るものを失うようで、怖くさえありました。

これから新芽の数も増えて、順調に育って、また今年も僕の自炊の材料になってくれることを願います。

-----------------------------------------------------------------------------
※なお、ローズマリーですが、素人目に見てもかなり厳しい状態です。
参考になるかと思い、先日近くの植物園に「正常なローズマリー」を見に行きました。
植物園のローズマリーが青々としていたのに対し、我が家のローズマリーの葉は去年芽吹いた葉が退色してそのまま枝に残っている状態です。枝の状態も植物園のものよりも灰色がかっていました。去年の今時分はもう花が咲いていたと思います。
かなり厳しいとは思いますが、あかねをがっかりさせないためにも、再生を祈りながら引き続き世話をしてやりたいと思います。

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。