上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年も最後の日となりました。

かといって、例年通りの「特別な一日」という高揚感はなく、できるだけ淡々と平常運転で過ごそうと思っていました。

ただし、午前中に墓参りをすることはあらかじめ予定していて、その予定通り僕は午前中にあかねの墓参りに行きました。
ここ2回くらいは常にあかねの両親と一緒だったのですが、今日はひとりです。



今日は穏やかな日和とはいえ、やっぱり温かい物がいいだろうと思い、道中で買ったスター○ックスのコーヒーとドーナツを供えました。
そして小一時間ずっと墓石の前であかねのことを想いました。

こっちとは違う世界でどんな生活をしているのか?
おなじ悪性腫瘍で亡くなったあかねが好きだったプロ野球選手とは逢えたか?
おなじ墓に入っているお祖父さんとお祖母さんには逢えたか?
など、他愛も無いことを訊ねながら、最後に思わず

「いつでも迎えに来てくれよ。すぐにいくから。」

と話しかけてしまいました。

そんな心情になるべきでも、あかねにそんなことを頼むべきでもないのは解っています。
でも、本当に偽りのない気持ちを白状するなら、そんな想いが僕の中に巣くっていることは否定できません。

しかしあかねがそんな僕を積極的に迎えに来てくれるはずもなく、僕はこれからも前向きと後向きの気持ちの間で揺れながら、ほっといてもやってくる新しい日を一日一日消化していくのだろうと思います。
あかねが、「がんばって充分生きたから、もう来てもいいよ」といってくれる日まで。


2011年は僕にとって心にくさびを打たれた年になりました。

今年ほど絶望を感じた年はありません。
今年ほど神様に祈った年はありません。
今年ほどあかねを愛していることを痛感した年はありません。
今年ほどあかねに感謝した年はありません。
今年ほどあかねを尊敬した年はありません。
今年ほどあかねが僕にとってどんなに大切な人だったか思い知らされた年はありません。
今年ほどあかねと夫婦でいられた幸せを感じた年はありません。

そして、もし叶うなら

今年ほど無かったことにしてほしい年はありません。


2012年がもう数時間でやってきます。
あかねのいない新しい年がやってきます。

そして僕は、ひとりで新しい年を迎えて、新しい年の日々をふわふわと漂いながら重ねていくのだろうと思います。


今年の6月19日からはじめたこのブログに訪れてくれた方、コメントや拍手をくださった方、本当にありがとうございました。
来年も引き続き、このブログを続けていくつもりです。
自分の心の揺れ具合を素直に誠実に書き記していくつもりです。
よかったらまた立ち寄ってみてください。

それでは、皆様よいお年を。


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。