上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→前回の闘病記はコチラをご覧ください。

術後の経過は問題なく二泊三日の一時帰宅を経て、あかねは抗がん剤治療開始のため再入院しました。
この入院は抗がん剤投与によって重大な副作用が出た場合に対処するための入院です。

そして、幸い抗がん剤投与後も深刻な副作用は見られず、最初の入院から一ヶ月近く経過した12月初旬にあかねは退院しました。
あかねの言葉を借りると「もう二度と返ってこない」つもりで・・・。

抗がん剤は、週一回投与×3回+1回休みのペースを1クールとして6クールの予定で投与していきます。
よって、年をまたいで5月まで続く予定でした。

帰宅してからのあかねの様子は思ったより安定していて、それなりに覚悟していた副作用も、頭髪こそ減っていきましたがそれ以上に生活に支障をきたすようなものは見うけられませんでした。

外に買い物にも行き、家事もぼちぼちこなし、夕食もいつものようにあかねが作ってくれました。
僕も普通に会社に通うようになりました。
もちろん意識して早く帰るようにしていましたが、なにせ年末のこと、どうしても帰りが遅くなることもありました。
白状すると、手術前のように「何が何でもあかねのことを最優先」にするという気持ちから、「仕事を誰かに頼んで自分だけ早く帰ることはできない」と、仕事に対して重心が移ってきていました。
裏を返せば、(言い訳になりますが)それほどあかねの状態は僕の目にはよく映っていました。

年末には、大掃除こそあかねをあかねの実家に一時預けて僕一人でやりましたが、その夜あかねを迎えにいった実家からは、実家でビールを飲んだ僕に代わってあかねが運転して帰りました。

年始には両方の実家に行きました。(僕の実家は自宅から車で一時間程度、あかねの実家は15分程度でどちらも近いのですが・・・)
二人で近くの神社に初詣にも行きました。
そこで僕は初詣というもので、生まれて初めて神様に“真剣に”お願いしました。
普段は信仰心など一切持ち合わせていない罰当たりな僕が、本来の意味どおりに初詣をしたのは初めてだったと思います。

願い事はただひとつ。

「あかねが以前のように元気になりますように・・・。」



あかねが救急車で運ばれてから久方ぶりに戻ってきた、穏やかな日々でした。
でも、この頃の僕は思ったより普通に生活できているあかねを見てきっと気持ちが緩んでいたんだと思います。

「これから先は、良くなっていく一方だ」

と思い込んでいました。
今にして思えば、癌に対する知識の無さによる浅はかな思い込みでした。

そして、それを思い知らされる予兆は1月の下旬にやってきました。

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。