上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このブログの背景として、あかねの病気のことについて触れていこうと思います。
あかねの病気のことは、〈あかねの闘病について〉というカテゴリでまとめていこうと思います。
闘病当時はそのつらく苦しい日々のログをとっていこうという発想がまるでなく、ほぼ自分の記憶のみに頼っての記述となります。よって一部記憶があやふやな部分や事実を誤認して記憶している部分もあるかもしれないことをお断りしておきます。

ことの発端は秋も深まりつつある昨年2010年11月の初旬、明け方近く僕を呼ぶあかねのか細い声を聞くことから始まります。

「せいじくん・・・せいじくん・・・」

覚醒前の頭にあかねの声が聞こえました。「はっ」と目を覚ますと、寝室のドアが開けっぱなしになっていて、寝室前のトイレのドアも開いておりトイレの灯りが漏れていました。その灯りにわずかに照らされながら、あかねが前のめりに倒れていました。

「どしたっ?!」
ベッドから飛び起きてあかねの傍に駆け寄りました。

「救急車呼んでー・・・。お腹が痛い」
何とか力を振り絞って、でもそれでいて弱々しい声で彼女は訴えました。

まだはっきりしない頭で携帯電話を探し、119番に電話しました。
電話はすぐにつながり、電話の向こうから色々と質問を受けました。
症状などあかね本人でないとわからないことは、僕があかねに問いかけその答えを携帯から電話の相手に伝えました。
そのやり取りの中で、あかねは女性特有の出血による貧血で倒れたらしいことがわかりました。
でもその出血の量がどのくらいひどいものか?症状が続いている期間がどれくらい異常なことなのか?
男である僕にはピンとこなくて、電話を切り終えたあと僕に出来たのは、ただただあかねに声をかけながら救急車の到着を待つことだけでした。

ほどなく救急車が到着し、隊員の方たちが手際よくあかねを救急車に乗せ、婦人科病棟のある受け入れ可能病院を無線で当たってくれました。しかしなかなか受け入れてくれる病院が見つからず、救急車は停車したまま待機状態が長く続きました。
ようやく受け入れてくれる病院が確定し、一路その病院に向かって救急車は走りました。比較的自宅より近い病院だったこともあり、ほどなく病院に到着。さっそくあかねは診察・検査を受けることになりました(この間僕はあかねと別れ、外でひたすら待つだけだったので具体的に何がなされたか詳しいことは知りません)。

ひとしきりして救急で対応してくれた医師の話をあかねと一緒に聞く事になり説明を受けました。
詳しいことは、さらなる検査が必要で、婦人科の担当医師もまだ出勤前なので・・・と断わった上で、子宮が腫れているようだ、「子宮筋腫」等の疑いがある、いずれにせよこのまま入院してさらに詳しい検査をする、、、というような内容の説明だったと思います。

あかねはもともと貧血気味で、症状が良くないときには意識して鉄分の多いものを食べるようにしているようでした。「子宮筋腫」と聞いてもいまいちピンときていない僕は、今回は「子宮筋腫」なるものが原因で、これまでで一番ひどい貧血になってしまった、くらいに思っていました。

この時点で夜はすっかり明けており、あかねの着替えなどを取りにタクシーで一旦自宅に帰ることにしました。その時の僕の恰好はパジャマの上にネルシャツを羽織っただけで、11月の早朝にしてはちょっと薄着が過ぎていて、いやそれ以前にパジャマ姿でタクシーに乗っていることがとても非日常的で、なんだか可笑しくなってしまいました。

そう、その時はそれだけ心に余裕がありました。あかねの入院も短期間なものだろうと根拠もなくたかをくくっていました。本当にその時は。


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。