今日6月19日で妻あかねが天国へ旅立って2ヵ月が経ちました。

明るく、朗らかで他人に優しい女性でした。
彼女のことは人間としてリスペクトし、彼女といっしょに過ごした日々は僕にとって本当に宝石のような日々であったのだと今強く強く思います。

あかねが旅立って、まず考えたことは「一日もはやくあかねの傍に逝きたい」ということ。

でも、僕はこれからもしばらくは生き抜いていかなければならないのだろうと思います。
あかねの両親、僕の両親はあかねの死に遭遇しつつも僕よりも(少なくとも)表面上はたくましく振舞っています。でも、どちらの両親もあかねのことをこの上なく愛していたはず。その喪失感は僕と大差はないはずです。
その両親達を差し置いて、僕が先にあかねの傍に逝ってしまうのは、やはりちょっと順番が違うのだろうな・・・。彼らにさらなる哀しみを負わせるわけにはいかないな・・・。と考えるからです。

この2ヵ月間、いや最期にあかねが入院してからの3ヵ月間あまり、毎日あかねのことを想い、毎日涙を流さずにはその日その日をやり過ごすことはできずにいます。
果たして、これからの人生をあかねなしにサバイヴしていくことができるのか?
まったく自信がなく、これからの人生、その終焉を迎えるまでが途方もなく長く長く感じられます。
でも何とか自分の心を「まとも」にキープしてやり繰りしていかなければなりません。
その手立てのひとつとして、ブログで自分のその時その時に感じたこと、心のあり様を書き留めていくことを思い立ちました。今の自分が何を感じて、何を考えているかを吐露し、もし第三者の方からご意見・ご感想を聞く事ができたなら、独りよがりに流されず心を落ち着けて未来について想いを馳せるヒントを得ることができるのでは?とささやかな期待を抱いています。

約15年振りの一人暮らし。仕事と家事で何とか一日一日をこなしている毎日で更新ペースは超スロー、その日その日のテーマも、記事の時系列もとりとめがなくなることがかなりの高確率で予想されます。
でもできるだけ吐き出していこうと思います。
この世界の中の誰かが、この40過ぎの男の独り言(しかもかなり情けない、どちらかと言うとローファイなトーンで語られる垂れ流しの文章)に辿りついてくれ、それに対して何か想うことがあれば、言葉を投げかけてみてください。

「夜が朝に変わるまで、風が光に変わるまで」

僕が好きな曲の一節です。自分が今の状況からポジティブに変化できることを祈って・・・。



にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
06 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR