→前回の闘病記はコチラをご覧ください。

僕の両親とあかねはとても上手くいっていた、と言っていいと思います。

僕には2歳下の弟がいます。
二人とも我が強いと言うか、我がままと言うか、生意気というか、男の子供に特有の(いや、一般的なそれ以上に)可愛げのない兄弟を持った僕の両親にとって、あかねは初めての娘であり、あかねの生粋の誰にも親しみを感じさせる性格から、彼らとって無条件に「可愛い」娘であったと思います。

あかねは僕に比べて寛容なところがあり、男同士の親子の関係にありがちな父と僕とのぎすぎす感も上手く父親をたてて中和させてくれていました。

そんな両親にとっても、あかねの「癌」発覚については測り知れない衝撃を与えるはずです。
あかねの実の両親には話さざるを得ませんが、僕の両親には手術の前日まで話さずにおこうと思いました。
実際、正式な検査結果はまだ出ていないし、「結果が出るまでの間の時間がかなりのストレスになる」と考えたからです。

病院で宣告を受けた翌日、僕は会社に出社すると同時に上司に時間をもらい、昨夜医師から受けたことを説明して、しばらくは毎日早退させて欲しい旨を願い出ました。
上司はその申し出を承諾してくれ、その日から僕は毎日昼過ぎには退社し、病院のあかねのもとへ通う日々を開始しました。

そして数日が過ぎ、検査の結果があかねと僕、あかねの両親に告げられる日が来ました。

結果は、あかねが救急車で担ぎこまれた日に医師から聞いた通り、さらに子宮体がんのレベルは「Ⅳ」(つまりレベル段階で最も進行しているレベル)であることも伝えられました。

そして、子宮および転移している両方の卵巣の「全摘出」手術が翌日行われることが告げられました。
ただし、周辺臓器に癌細胞が浸潤している場合、摘出が不可能なケースもある、ことでした。

我々にとってこの上なく厳しい結果でした。

後にあかねの母親は、この説明の中で見せられたMRI画像(ひょっとしたらCTだったかもしれません)を見て、卒倒しそうになったと告白しています。
僕は、子宮や卵巣の正しい形というものにもともとイメージがなく、画像に対しては正直ピンと来なかったのですが、同じ女性の母親にとってはその場に倒れそうなくらいの形状をしていたのだろうと思います。

あかねはどう感じていたのだろう?

僕が今よく思うのは、闘病中あかねは何を感じて、自分の病気のことをどう考えていたのだろうということです。
この時も、表面上は取り乱すことなく静かに聞いていたという記憶があります。
いや、この時に限らず闘病中彼女はあまりむき出しの感情を見せなかったと思います。
もちろん、涙をみせることも、痛みに表情をゆがめ痛みを訴える声をあげることはあり、自分の率直な想いを垣間見せることもありましたが、それはどうしても抑えきれないものであり、「取り乱す」といった類のものではなかったと思います。

普段どおり、自分の「しんどさ」「きつさ」を押し殺していたのだろうか?

もう今では言ってもしょうがない事ですが、彼女には自分の想いを解放して欲しかったと思います。なにも、だれにも気を使うことなく・・・。
本当に今となってはしようがないことなのですが・・・。

僕たちは、彼女の望むことに応えてあげられたのだろうか?
彼女の性格を考えると、僕たち家族に迷惑をかけまい、心配させまい、と自分を抑えていたのではとどうしても考えてしまいます。

手術の前日、正確には手術当日の午前零時過ぎ、僕は手術の朝あかねが目にしてくれればいい、と思いあかねの携帯にメールを送りました。

「今日は後から振り返って、良い日だったと必ず思える日になるようにがんばろうで!」

その2分後、なんと返信がありました。

「うん!笑って話そうね。がんばるよ!

手術は朝からの予定でした。
「眠れないのか?」
とあかねの心情に想いを馳せましたが、この時間に電話をするわけにもいかず、手術の成功をより強く祈るしかありませんでした。

ちなみにこのメール送受信のやりとりは、僕の携帯にもすでに解約したあかねの携帯にもロックをかけて残されています。

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
お知らせ
これまでにほんブログ村の「子宮がん」カテゴリに参加していましたが、思うところがあり、登録をはずさせていただきました。ご了承ください。
プロフィール

むらさきせいじ

Author:むらさきせいじ
2011年春、妻をなくした40代です。
本当に本当にありふれた人間ですが、人生の半ばともいえる40代で世界中でいちばん大切な人を喪失したことはそれなりに特異なことだと思います。
そんな状況におかれた心情を綴っていくことで少しでも心が解放されたらと思っています。
プロフィールのサムネ画像は、妻が描いた僕の顔です。

むらさきあかねのブログ
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
counter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR